飛鳥宮跡(伝飛鳥板蓋宮跡)と飛鳥京 ~ 大化の改新のはじまりの地 ~|画像たっぷり 奈良

奈良県中部
スポンサーリンク

飛鳥宮跡は、大化の改新のはじまりとなる 「乙巳(いっし)の変」の舞台となった場所です。飛鳥京の政治の中心地として天武天皇、持統天皇宮もここに置かれていました。謎多き飛鳥時代ですが、歴史に名を残す人々が存在した飛鳥宮と飛鳥京について詳しく紹介しています。

飛鳥宮跡の概要

スポンサーリンク

     

ここは、645年に中大兄皇子(皇極天皇の子で、後の天智天皇)、中臣鎌足を中心とした政変により蘇我入鹿が暗殺された「乙巳(いっし)の変(大化の改新)」の舞台となったまさにその場所です。
飛鳥宮跡の周辺の飛鳥京中心には、当時が偲ばれる史跡や社寺が残り、発掘されている数多くのものから当時の技術水準のすごさも感じられます。

以前は、「第35代 皇極天皇:こうぎょくてんのう」、「第37代 斉明天皇:さいめいてんのう」(皇極天皇の重祚(じゅうそ))の皇居跡として、かつては、「伝飛鳥板蓋宮跡」の史跡名がつけられていましたが、その後の調査により、飛鳥板蓋宮だけではなく、飛鳥岡本宮(第34代 舒明天皇:じょめいてんのう)や、後飛鳥岡本宮(第37代 斉明天皇)、飛鳥浄御原宮(第40代 天武天皇・第41代 持統天皇)など、飛鳥時代を通して、5代の天皇の宮が継続的に置かれていたことが判り、平成28年に、「飛鳥宮跡」に改められています。

現在広々とした草地の一画に、石敷広場と大井戸跡が復元されています。

復元されているのは、上層の天武天皇/持統天皇時代の飛鳥浄御原宮のもののようです。


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?

楽天カード
楽天市場での買い物でポイントUP!

     

飛鳥宮跡のギャラリー

飛鳥時代の中心地であった飛鳥宮跡をご覧ください。

画像を「クリック」すると大きく見られます。
スマホでは、タップで拡大後、「スワイプ操作」で次の写真が見られます。

撮影:2021年(令和3年)3月

Photos by Catharsis  無断転載禁止 ©Catharsis 2021-2023


スポンサーリンク

     

飛鳥京と宮について

飛鳥宮跡からの風景

広々とした跡地が広がっています。

写真の奥に見える丘が、甘樫丘(あまかしのおか)です。
蘇我蝦夷・蘇我入鹿親子が権勢を天下に示すために、丘の麓や中腹に邸宅を築いていたといわれています。

甘樫丘については、こちら の記事をご覧ください。

甘樫丘のさらに先には、天香具山と耳成山も見えます。

     

飛鳥京の中心地

飛鳥時代(593~710年)は、古墳時代から脱皮し大和国家が貴族の連合政権から、天皇制律令国家として形成された時代であり、飛鳥はそのはじまりの場所です。

推古天皇(第33代天皇)が即位した593年頃からはじまり、持統天皇(第41代天皇)が694年に、藤原京に遷都するまでの間、飛鳥の地が(難波、近江の時代もありましたが)、政治の中心地でした。

飛鳥時代は、天皇が住まいを変えたところが宮となったため、多くの宮が存在します。
推古天皇の「豊浦宮(とゆらのみや)」にはじまり、小墾田宮(雷丘東方遺跡)、そして、飛鳥宮跡を中心に宮の整備が進んでいきます。

宮は、初めは天皇の住まいであり、政治の場を兼ねるものでしたが、国家の仕組みが整うにつれて、中国の制度に習い、多くの役所や苑池などが宮の内外に造られるようになります。
その中心地が、飛鳥宮跡です。

     

スポンサーリンク

     

そして、飛鳥宮跡は、発掘調査により、先ほども記した通り、
 ① 舒明天皇の「飛鳥岡本宮」
 ② 皇極天皇の「飛鳥板蓋宮」
 ③ 斉明天皇(皇極天皇の重祚)の「後飛鳥岡本宮」
 ④ 天武天皇、持統天皇の「飛鳥浄御原宮」
の新旧の4期(5代の天皇)の宮跡が重なっていることが分かっています。

現在、史跡として再現されているのは、上層の宮殿遺跡で、天武天皇と持統天皇の「飛鳥浄御原宮」であることがほぼ確定されています。

その頃の飛鳥宮(飛鳥浄御原宮)を再現した、模型が、飛鳥資料館にあります。

内郭(ないかく)、エビノコ郭、外郭で構成されています。
エビノコ郭正殿は、大極殿とみられる建物で天武天皇期に増築されたようです。
(こちらは、橿原考古学研究所附属博物館にあるジオラマです。)

飛鳥浄御原宮 復元模型
エビノコ郭正殿 復原模型

後に、ここから、本格的な、都となる藤原京への遷都が行われました。


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?

定額でオンライン会話し放題!
しかもリーゾナブルなお値段で!

     

飛鳥京時代に営まれた宮

飛鳥時代(593年~694年)の宮 ※緑は、飛鳥以外の宮
 豊浦宮(とゆらのみや):593年~<推古天皇>
 小墾田宮(おはりだのみや):603年~<推古天皇>
 飛鳥岡本宮(あすかのおかもとのみや):630年~<舒明天皇>
  ※ 火災により、一時的に、636年 田中宮(たなかのみや)、
    640年 厩坂宮(うまさかのみや)へ
 百済宮(くだらのみや):640年<舒明天皇>
 飛鳥板蓋宮(あすかのいたぶきのみや):643年~<皇極天皇>
 難波長柄豊崎宮(なにわのながらのとよさきのみや):652年~<孝徳天皇>
  ※ 孝徳天皇を残し、653年 飛鳥稲渕宮(飛鳥河辺行宮)へ
 飛鳥板蓋宮(あすかにいたぶきのみや):655年~<斉明天皇>
   ※ 火災により、一時的に 655年 飛鳥川原宮(かわらのみや)へ 
 後飛鳥岡本宮(のちのあすかのおかもとのみや):656年~<斉明天皇>
 近江大津宮(おうみのおおつのみや):667年~<天智天皇/弘文天皇>
 飛鳥浄御原宮(あすかのきよみはらのみや):672年~<天武天皇/持統天皇>

見やすいように、表にしてみました。

クリックで拡大できます。

また、各宮のだいたいの位置も下の図に示してみましたので合わせてご覧いただくとわかりやすいと思います。

     

スポンサーリンク

     

飛鳥京の範囲は・・

飛鳥京の時代のゆかりの地をマップに表してみました。
各宮があったといわれるところは、赤字で示しています。
これを見ると、後の藤原京となるエリアを含むような広い範囲に及んでいます。

私見ですが、飛鳥京の時代には、藤原京以降整備される碁盤のように縦横に敷かれる道で区画される「条坊」がないため、都といえる範囲が、明確ではありませんが、藤原京を含む(図の赤の点線くらいまで)範囲での京(都)であったと考えいいのではないでしょうか。

     

明日香と飛鳥

「あすか」を漢字で表すときに「飛鳥」と「明日香」が両方使われています。
その使い分けについて紹介します。

もともとは、日本には漢字がなく、「あすか」と呼ばれていたようです。
漢字の伝来とともに当て字で「明日香」となったが、地名は2文字が良いという時代があって、その時に「飛鳥」と呼ぶようになった。その後、昭和31年に、「高市村」「阪合村」「飛鳥村」の3村が合併して生まれたのが「明日香」村ですが、地名としては、「飛鳥」の字が一般的に定着しています。

また、「あすか」の表記については、古事記、日本書紀、万葉集等にも書かれています。
「明日香」「飛鳥」「安宿」「阿須賀」「阿須可」「安須可」等色々の文字が用いられており、「地名」または「川の名前」として、「明日香」と「飛鳥」が、最も多く使われているようです。
古事記、日本書紀では、「飛鳥」が、万葉集では、「明日香」が多く使われている傾向にあるようです。これも面白いと感じます。


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?

高級ホテル・旅館の格安予約なら!

     

基本情報

飛鳥宮跡へのアクセス

所在地:高市郡明日香村岡

最寄駅:
近鉄 橿原神宮前駅、近鉄 飛鳥駅

近鉄 橿原神宮前駅(東口)から

バス(奈良交通):
 飛鳥駅行き
 「岡天理教前」下車
  徒歩 約5分

※バスの運行本数が少ないのでご注意ください。

レンタサイクル:
 飛鳥の周遊におすすめです。

近鉄 飛鳥駅から

バス(奈良交通):
 橿原神宮駅東口行
 「岡天理教前」下車
  徒歩 約5分

※バスの運行本数が少ないのでご注意ください。

レンタサイクル:
 飛鳥の周遊におすすめです。

駐車場:
駐車場はありません。かなり狭い道なので大型車ではきつそうです。
軽自動車で短時間であれば1,2台の駐車は可能な感じです。

レンタサイクル:おすすめです
 飛鳥の地を巡るのには、結構お勧めです。
 近鉄 橿原神宮前駅/飛鳥駅周辺にレンタサイクルがあります。
 また、車の際は、駐車場のあるレンタサイクル店もあります。

     

近隣の見どころ

明日香村を周遊で一日過ごすのがいいと思います。飛鳥寺(蘇我入鹿の首塚)、酒船石遺跡、岡寺、石舞台、謎の石巡り(亀石など)、自転車(レンタサイクルあります)での周遊がお勧めです。

飛鳥寺(飛鳥大仏)~ 見どころ・日本最古の本格的寺院 ~|画像たっぷり 奈良
飛鳥寺は、蘇我馬子が発願、聖徳太子と共に日本初の本格的寺院として完成したお寺です。飛鳥の大仏さんとしても知られます。ここでは、飛鳥寺の歴史をわかりやすく紹介。また、お寺の周辺は、飛鳥時代を感じる史跡や風景が広がり、歴史に思いを馳せながらの散策が楽しいところです。
史跡 川原寺跡 ~ 川原寺・弘福寺 飛鳥時代の大寺に思いを馳せる~|画像たっぷり 奈良
飛鳥時代の中心地に位置する川原寺(かわらでら)。飛鳥三大寺、四大寺といわれながらも、歴史の舞台から姿を消していく・・そんな不思議なお寺ですが、現在は、金堂跡に弘福寺が建ち、創建時の伽藍が偲ばれる史跡として飛鳥時代に思いを馳せる場所の一つです。川原寺について少し深堀して紹介します。
橘 寺 ~ 飛鳥(明日香村)に佇む聖徳太子ゆかりの寺 ~|画像たっぷり 奈良
橘寺(たちばなでら)は、明日香村(飛鳥宮跡の近く)にあり、聖徳太子建立七大寺の一つに数えられ、聖徳太子生誕の地ともいわれますが、創建については、よく分かっていません。飛鳥の謎の石造物の一つである「二面石」も橘寺にあります。ここでは、橘寺の歴史や見どころを画像たっぷりに紹介します。
岡寺(龍蓋寺)~ 厄除けと美しい境内が魅力の飛鳥のお寺 ~|画像たっぷり 奈良
岡寺(龍蓋寺)は、西国三十三所観音霊場の第七番札所として信仰を集め、日本最初の「やくよけ霊場」としても知られます。日本最大の塑像のご本尊は是非拝観したいところです。また、春の石楠花やゴールデンウイークに行われる華の池、秋の紅葉の季節は、特にお勧めです。
甘樫丘(あまかしのおか)~ 飛鳥京の中心地に位置し、蘇我蝦夷・入鹿の邸宅があった地 ~|画像たっぷり 奈良
甘樫丘は、飛鳥の中心にある標高148mの緩やかな丘です。飛鳥時代の飛鳥京の中心地にあり、645年の「乙巳の変」時には、ここに蘇我蝦夷、蘇我入鹿の邸宅があったようです。頂上の甘樫丘展望台からは、飛鳥の里が一望でき、近くには飛鳥寺、また大和三山といわれる畝傍山、耳成山、天香具山も眺められます。
酒船石遺跡(さかふねいし) 飛鳥の謎多き石たち|画像たっぷり 奈良
奈良飛鳥の地は、「石の都」とも言われ、6世紀末から7世紀ころに多くの石造物が造られた「謎の石造物」が点在しています。飛鳥寺から、ほどない場所にある酒船石遺跡では、酒船石と亀形石造物を見ることができます。
飛鳥池工房遺跡 ~ 日本最古の銅銭「富本銭」が製造された場所 ~|画像たっぷり 奈良
「飛鳥池工房遺跡」は、奈良県高市郡明日香村にある奈良県立万葉博物館にあります。古代の宮殿や寺院でなどで使われた様々な製品が製造された現場と職人たちの痕跡を約1300年の時を経て感じられる場所です。富本銭が造られた場所でもあります。画像たっぷりに紹介しています。
飛鳥京跡苑池 ~ 飛鳥宮の庭園・儀式や饗宴(きょうえん)の場 ~|画像たっぷり 奈良
「飛鳥京跡苑池」は、奈良県高市郡明日香村大字岡にある飛鳥時代(7世紀)の庭園遺跡です。1916(大正5)年に発見された二つの石造物の出土地を1999年(平成11年)に発掘調査し、広大な苑池がの存在が明らかになっています。謎多い飛鳥時代、その庭園の姿について紹介します。


     

スポンサーリンク

     

知っておくと一層楽しい飛鳥宮跡にまつわる時代背景

飛鳥時代(593年~710年)は、古墳時代から脱皮し、大和国家が貴族の連合政権から、天皇制律令国家として形成されていく時代です。
※ 史実上は、不明な点も多く、様々な説がある時代ですので、ここで書いている内容とは異なる説もあります。

舒明天皇(在位:629年~641年)期の国政は実質的に蘇我蝦夷(そがのえみし)の支配下にあり、また、皇極天皇期(在位:642年~645年)は蝦夷(えみし)とその子の入鹿(いるか)に牛耳られていました。

蘇我入鹿(イメージ)

その後も、蘇我氏は意のままになりそうな 古人大兄皇子(ふるひとおおえのみこ)を次の天皇につけようと後ろ盾となり、画策していたようです。
蘇我氏に牛耳られる流れを断ち切りたい異母弟の葛城皇子(中大兄皇子)は、中臣鎌子(鎌足)が計画する蘇我氏による支配を覆す政変に同意し、蘇我氏を排除するクーデターを実行しました。
これが、「乙巳(いっし)の変(大化の改新のはじまり)」です。

蘇我宗家との権力争によってこの変が起こされたという見方もありますが、その後の大化の改新により、「律令国家」への道がつくられて行きます。

この大化の改新や乙巳の変の決行について、中大兄皇子と中臣鎌子が密談したという地があります。
それが、現在の談山神社のある山中(談山:かたらいやま)と言われています

     

↓↓ 「談山(かたらいやま)」「談山神社」について、詳しくは、こちら ↓↓

    


(ご興味があれば)
↓↓ 楽天で見る ↓↓

     

乙巳(いっし)の変(645年)前後の天皇は

第34代 舒明天皇 (じょめいてんのう)(田村皇子)

在位:629年~641年

推古天皇の没後、蘇我蝦夷が、田村皇子(舒明天皇)を支持し、境部摩理勢が聖徳太子の子の山背大兄王(やましろのおおえのおう)を支持し、激しく対立しました。摩理勢が蝦夷らに殺されたことで田村皇子が即位しました。(推古天皇の遺言によるという説もあります。)

姪(同母の妹という説もあります)にあたる宝皇女(後の皇極天皇・斉明天皇)を皇后とし、中大兄皇子(天智天皇)、大海人皇子(天武天皇)が誕生している。また、大海人皇子は、舒明天皇の子ではないという説もあります。

     

スポンサーリンク

    

第35代 皇極天皇(こうぎょくてんのう)(宝皇女)

在位:642年~645年(目の前で「乙巳の変」が起こる)

若くして「高向王(たかむくのおおきみ)」(この人物は、特定されていませんが、渡来系の人物という説もあります)に嫁ぎ「漢皇子」を生んでいますが、舒明天皇(叔父にあたる/実は兄という説も)の妃となり、舒明二年に皇后に立ちました。
夫である舒明天皇(じょめいてんのう)の崩御の後、皇位継承者が決まらないため即位しましたが、なぜ、即位に至ったは不明です。

「山背大兄王(やましろのおおえのおう:聖徳太子の子)」、「古人大兄皇子(ふるひとおおえのおうじ)」「中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)」が候補として上がりましたが、決着できずに皇極天皇が即位したという説があります。

また、聖徳太子の子である「山背大兄王(やましろのおおえのおう)」は、「蘇我入鹿」と折り合いが悪く、入鹿に攻め込まれ、一旦は逃れたものの自害したといわれています。
これにより、聖徳太子の血筋は途絶えることになりました。

645年には、皇極天皇の目の前で「蘇我入鹿」が殺される「乙巳の変」に遭遇し、これを目の当たりにすることになりました。
これにより、史上初の譲位の事例をつくることになります。
俗説ですが、入鹿は皇極女帝の恋人だったとか言う話もあるようです。

(補足)
皇極天皇は、舒明天皇との間に「中大兄皇子(天智天皇)」「大海人皇子(天武天皇)」「間人(はしひと)皇女(孝徳天皇の皇后)」をもうけていますが、再婚であるという記述が残されており、前夫との間に「漢皇子」を生んでいます。
「田村皇子」(即位する前の「舒明天皇」)と結婚したのは、「漢皇子」を生んだ直後のようです。
また、「漢皇子」のその後の消息は不明です。・・が、実は、「大海人皇子(天武天皇)」がその人ではないかという説もあります。

皇極天皇は、後に斉明天皇(第37代天皇)として再度即位します。

     

スポンサーリンク

     

第36代 孝徳天皇(こうとくてんのう)(軽皇子)

在位:645年~654年

645年(皇極4年)6月14日、「乙巳の変」で皇極天皇による史上初めての生前譲位が行われ、皇太子を経ずに50歳の軽皇子が孝徳天皇として即位しました。
6月に元号を大化と定められ、12月には都を「摂津国難波長柄豊碕宮(大阪市)」に遷都しました。

皇極天皇は中大兄皇子に皇位を譲ろうとしましたが、中大兄皇子は、「乙巳の変」を引き起こした当事者であり、直ぐに即位は良くないと判断し、固辞したようです。(天皇になるための当時の慣例の年齢に達していなかったという説もあります。)
舒明天皇の第一皇子の「古人大兄皇子(ふるひとおおえのおうじ)」も即位を辞退し即刻出家しました。
蘇我入鹿の後ろ盾がなくなり、危機を感じたためとの説もあります。しかし、古人大兄皇子は、同年(大化元年)に謀反を起こした(謀反の疑念を抱かれた?)ことにより、中大兄皇子によって攻め滅ぼされていしまいます。
一方の中大兄皇子も即位を固辞したため、皇極天皇の同母弟の「軽皇子(孝徳天皇)」に即位を願い、中大兄皇子が、皇太子となりました。

その後、中大兄皇子は難波から大和への遷都を進言しましたが、孝徳天皇がこれを拒むと、653年に皇極と間人皇后(はしひとのきさき)を連れて、飛鳥へ戻ってしまうという出来事もあり、実権は、前天皇や中大兄皇子が握っていたと考えられています。
この時、飛鳥に戻った皇族が営んだのが、飛鳥の中心地から少し離れた「飛鳥川辺行宮(飛鳥稲淵宮)」といわれています。

孝徳天皇は在位10年(9年4ヶ月)、59歳で残された難波宮にて崩御されました。

     

スポンサーリンク

     

第37代 斉明天皇(さいめいてんのう)(皇極天皇と同一人物)

在位:655年~661年

皇極・斉明天皇は女性天皇として史上初の譲位を行ない、また史上初の重祚(ちょうそ)も行ないました。再び飛鳥に遷都されます。
斉明天皇が重祚を選んだのは、終身王位制の影響が強かったのかもしれません。
当時天皇になるのは35歳以上という慣例のようなものがあり、それに適する皇子がいなかったいなかったためとも考えられています。

当時30歳戦後の中大兄皇子が引き続き太子として政務を執りました。

斉明天皇の時代、飛鳥の宮殿の東山に石垣を築くために大量の石材を運ぶために運河の大工事を行いました。「狂心渠(たぶれごころのみぞ=無駄な運河)の 工事。むだな人夫を三万余り。垣を造るむだな人夫は七万余り」と人々から非難されたされていますが、飛鳥を華やかな都にするとともに、運河は、後の灌漑用水路や防御のための濠にも使えるように造ったとも言われています。

亀形石造物
亀形石造物

他にも多武峰(とうのみね)に観(たかどの=寺院・軍事施設・眺めのいい場所他の説がある)や両槻宮(ふたつきのみや=天宮:仙人たちが住んでいるとされる天上の宮)を建てたり、苑池(えんち=宮廷庭園)などの土木工事も行なったとされています。
(酒船石遺跡の亀形石造物は、この一部と考えられています。)

観(たかやど)や両槻宮(ふたつきのみや)は道教の影響とも想定されますが、苑池工事は都づくりの一環と捉えるられます。

一方でこの時代、唐の膨張と朝鮮半島の動乱が続き、日本は東アジアの外交問題に巻き込まれ、助けを求められた百済救援のため、斉明天皇自ら筑紫(九州)に赴き、朝倉宮(あさくらのみや:所在地は福岡県朝倉市とされる)で崩御されました。

以上、「乙巳の変(大化の改新のはじまり)」前後の時代背景と天皇についてまとめてみました。


スポンサーリンク

iPhone 13 128GB simフリー 回線セット
↓↓ 楽天で見る ↓↓
今がチャンス!


     

タイトルとURLをコピーしました