奈良 花が美しい寺社やスポットを画像で紹介

奈良県中部

岡寺(龍蓋寺)~ 厄除けと美しい境内が魅力の飛鳥のお寺 ~|画像たっぷり 奈良

岡寺(龍蓋寺)は、西国三十三所観音霊場の第七番札所として信仰を集め、日本最初の「やくよけ霊場」としても知られます。日本最大の塑像のご本尊は是非拝観したいところです。また、春の石楠花やゴールデンウイークに行われる華の池、秋の紅葉の季節は、特にお勧めです。
奈良市周辺(奈良県北部)

月ヶ瀬梅渓 ~ 渓谷と梅の絶景スポット(月ヶ瀬梅まつり)~|画像たっぷり 奈良

奈良を代表する梅の名所の一つです。「月ヶ瀬」の中央にを流れる五月川の両岸に約1万本の梅樹が立ち並ぶ絶景スポットです。梅と渓谷がなんとも美しいこの地は「月ヶ瀬梅渓」と言われており、約800年前の鎌倉時代中期に、真福寺の境内に梅が植えられたのが始まりとされています。
奈良市周辺(奈良県北部)

菅原天満宮<盆梅展> ~ 菅原家ゆかりの地に華やぐ梅 ~|画像たっぷり 奈良

菅原家ゆかりの地、奈良市菅原町に鎮座する菅原天満宮では、道真公がこよなく愛した梅にちなんで、毎年、盆梅展が行われます。展示される約200鉢の盆梅と境内に花開く約100本の梅が観られ、梅の見どころの一つです。
天理

山の辺の道 <山辺の道>~ 古代に思いを馳せ歩くのどかな道 ~|画像たっぷり 奈良

「山の辺の道」は、三輪と奈良を結ぶ古道で、歴史に登場する最古の道といわれています。その名の通り、奈良盆地の東に連なる山々の麓に沿い、自然地形にそってできた道でもあるようです。ここでは、「山の辺の道」の 人気の区間 の歩き方と見どころを紹介しています。
大和郡山・斑鳩・生駒

大和 郡山城跡 桜の名所(お城まつり)|画像たっぷり 奈良

郡山城跡は、「日本さくら名所100選」に選定されているお花見スポットです。戦国武将の筒井順慶が16世紀後半に築いてから約400年余りの歴史があり、豊臣秀長も居城とした時期がありました。2017年4月には「続日本100名城」にも選ばれています。
奈良市周辺(奈良県北部)

世界遺産 薬師寺 ~「龍宮造り」の壮麗な姿が甦る ~|画像たっぷり奈良

薬師寺は、病気平癒、健康祈願のお寺です。境内は、大きく「白鳳伽藍」と「玄奘三蔵院伽藍」の2つのエリアがあり、「龍宮造り」と称えられた伽藍が現代に甦っています。法話や写経も力を入れて行われております。夏には蓮の花が境内を彩ります。
奈良市周辺(奈良県北部)

世界遺産 唐招提寺 ~天平創世期の姿が偲ばれる伽藍~|画像たっぷり奈良

唐招提寺は、唐の高層「鑑真大和上」が苦難の末、来日をはたし、759年(天平宝字3年)に戒律を学ぶ人たちの修行の道場として開いたのが始まりです。境内には、金堂、講堂、宝蔵・経蔵の二棟の校倉、鼓楼などの国宝が並び、天平時代の創建当初の姿を伺い知ることができ、美しい寂を感じます。
奈良県中部

おふさ観音~バラまつり・風鈴まつり~|画像たっぷり奈良

「おふさ観音」は、四季折々の花が育てられ、「花まんだらのお寺」とも呼ばれ、初夏と秋のバラまつり、夏の風鈴まつりは、季節の風物詩ともなり、多くの人が訪れるお寺です。是非ご覧ください。
奈良県中部

秋桜(コスモス)が咲き乱れる 藤原宮跡|画像たっぷり奈良

広い野原がひろがる特別史跡 藤原宮跡は、季節ごとに、花で彩られます。その中でも秋の秋桜(コスモス)の開花時期は、ひときわ多くの人が訪れる人気スポットです。ここでは、藤原宮跡のコスモスを画像たっぷりに紹介します。
五條周辺

賀名生(あのう)梅林 ~ 約2万本の梅が山を埋める絶景 ~|画像たっぷり奈良

賀名生梅林は、「奈良三大梅林」の一つで観梅の名所です。2月下旬から3月下旬に、山の麓から中腹までを埋め尽くすように2万本の梅が咲き誇る姿は圧巻で、ダイナミックで爽快な梅の絶景が観られます。ここでは、その様子を画像たっぷりに紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました