風景

奈良の四季折々の美しい風景を画像で紹介

奈良公園

鹿苑(ろくえん)|子鹿公開・生まれたばかりの子鹿が観られる

画像たっぷりに可愛い子鹿を紹介! 5月中旬~7月頃、奈良公園では、子鹿が生まれる時期を迎えます。鹿苑(ろくえん)の子鹿公開期間には、その年生まれた子鹿を見ることができます。
奈良公園

「鹿寄せ」を観る ~ 奈良の風物詩の一つ ~ |画像たっぷり奈良

奈良公園には、1,100頭強(2021年7月調査時点)の野生の鹿が生息してます。この鹿たちが、ナチュラルホルンの音に誘われて集まってくるのが「鹿寄せ」です。ホルンの音とともに、鹿たちがやってくる風景は、奈良の風物詩の一つとなっており、なんとも心安らぐものがあります。
奈良公園

奈良八重桜【どこにあるの?】~ けふ(きょう)九重に にほひぬる|画像たっぷり 奈良

奈良八重桜は、意外に知られていませんが、奈良に咲く八重桜ではなく、「ナラノヤエザクラ」という固有種の桜なんです。百人一首の「いにしへの 奈良の都の 八重桜・・」でも謳われており、現在は、奈良県の県花であり、奈良市の紋章にも使用されている奈良ゆかりの桜です。
吉野周辺

吉野の桜 圧巻!・・見ごろを写真で紹介|画像たっぷり 奈良

吉野山の桜は、約3万本あり、全国区で代表する名所です。山全体が世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されています。下千本、中千本、上千本、奥千本のそれぞれに密集しており、他の桜の名所とは異次元の圧巻さがあります。
奈良公園

東大寺 二月堂 修二会(お水取り)お松明 を拝観!|画像たっぷり奈良

毎年3月に行われる東大寺 二月堂 修二会(お水取り)。二月堂にかかげられる「お松明」の様子を画像と動画で紹介!実物には、及ばないかもしれませんが、1300年近く、1回も途絶えることなく続けられる行の様子を感じていただけると思います。
吉野周辺

広橋梅林 ~ 「梅の里山」・奈良三大梅林の一つ ~ |画像たっぷり奈良

「広橋梅林」は、「月ヶ瀬梅林(梅渓)」、「賀名生(あのう)梅林」と並ぶ奈良県の三大梅林のひとつです。約25ha(ヘクタール)に白、紅、淡桃色の梅が約5,000本植栽されており、奥行き感のある山の風景と彩り豊かな梅の風景が魅力です。ここでは、その様子を画像たっぷりに紹介しています。
五條周辺

賀名生(あのう)梅林 ~ 約2万本の梅が山を埋める絶景 ~|画像たっぷり奈良

賀名生梅林は、「奈良三大梅林」の一つで観梅の名所です。2月下旬から3月下旬に、山の麓から中腹までを埋め尽くすように2万本の梅が咲き誇る姿は圧巻で、ダイナミックで爽快な梅の絶景が観られます。ここでは、その様子を画像たっぷりに紹介しています。
奈良市周辺(奈良県北部)

月ヶ瀬梅渓 ~ 渓谷と梅の絶景スポット(月ヶ瀬梅まつり)~|画像たっぷり 奈良

奈良を代表する梅の名所(奈良三大梅林)の一つを画像たっぷりに紹介。「月ヶ瀬」の中央にを流れる名張川(五月川)の渓谷と梅樹が立ち並ぶ絶景スポットで、「月ヶ瀬梅渓」と言われる。約800年前の鎌倉時代中期に、真福寺の境内に梅が植えられたのが始まりとされています。
奈良公園

なら瑠璃絵 ~ 瑠璃色に輝く庭園と三社寺の夜間拝観 ~|画像たっぷり奈良

2010年から毎年2月に開催されている「なら瑠璃絵」。奈良公園の一画にある 奈良春日野国際フォーラム 甍の庭園が瑠璃色に輝く様は、圧巻で一見の価値があります。三社寺の夜の拝観も行うことができます。
奈良市周辺(奈良県北部)

佐保川の桜 ~ 川路桜と呼ばれる奈良の桜の名所 ~|画像たっぷり 奈良

佐保川は、万葉集にも登場しており、その時代の人々にも馴染みのある川と言えます。江戸時代末期の奈良奉行「川路聖謨(かわじとしあきら)」によって進められた植樹が受け継がれ、現在は、佐保川の沿って約5kmにわたり、桜並木が続くおすすめ花見スポットです。