世界遺産

奈良市周辺(奈良県北部)

「平城宮跡」(平城宮跡歴史公園)の見どころ一括紹介 ~ イベントも紹介 ~|画像たっぷり奈良

平城宮跡は、奈良時代の都、平城京の中枢、平城宮のあった場所です。現在は、平城宮跡歴史公園として、世界遺産にも登録される史跡散策スポットとして整備が進んでいます。天平時代の空気が漂うような平城宮跡の見どころ拝観時間等を一括して紹介しています。
奈良市周辺(奈良県北部)

平城京・平城宮 ~ その場所は、歴史は・・奈良時代の都を知る ~ |いいところ 奈良

平城京は、710年に藤原京から遷都され、784年に長岡京に遷都されるまでの74年間栄えた都市です。奈良時代の政治の中心地で律令制に基づく政治により国家の仕組みが整えられ、天平文化が花開いた場所です。ここでは、平城京・平城宮の場所や地図、歴史を交えて紹介しています。
奈良公園

春日山原始林(世界遺産)を遊歩する|画像たっぷり奈良

近鉄奈良駅、JR奈良駅 周辺は、社寺や街並み自然公園と見どころが豊富ですが、そのすぐ近くに、天然記念物であり、世界遺産に選ばれる春日山原始林があります。街中近くでありながら、1000年以上守られてきた自然景観の中を遊歩することができます。ここでは、春日山原始林の魅力を画像たっぷりに紹介します。
奈良市周辺(奈良県北部)

世界遺産 薬師寺 ~「龍宮造り」と称えられた壮麗な姿が甦る~|画像たっぷり奈良

薬師寺は、病気平癒、健康祈願のお寺です。境内は、大きく「白鳳伽藍」と「玄奘三蔵院伽藍」の2つのエリアがあり、「龍宮造り」と称えられた伽藍が現代に甦っています。法話や写経も力を入れて行われております。夏には蓮の花が境内を彩ります。
奈良市周辺(奈良県北部)

世界遺産 唐招提寺 ~天平創世期の姿が偲ばれる伽藍~|画像たっぷり奈良

唐招提寺は、唐の高層「鑑真大和上」が苦難の末、来日をはたし、759年(天平宝字3年)に戒律を学ぶ人たちの修行の道場として開いたのが始まりです。境内には、金堂、講堂、宝蔵・経蔵の二棟の校倉、鼓楼などの国宝が並び、天平時代の創建当初の姿を伺い知ることができ、美しい寂を感じます。
奈良市周辺(奈良県北部)

薬師寺を彩る「蓮」~龍宮造りの伽藍に花~|画像たっぷり奈良

お写経勧進により、順次復興を遂げ、甦った白鳳伽藍。令和3年2月には、唯一創建時の姿を残す国宝の東塔の解体修理の完了竣工式も行われました。創建時より「龍宮造り」と呼ばれた美しい伽藍に蓮の花が開く夏の時期は、まさに、心が浄められるようです。是非画像をご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました