飛鳥京跡苑池 ~ 飛鳥宮の庭園・儀式や饗宴(きょうえん)の場 ~|画像たっぷり 奈良

奈良県中部
スポンサーリンク

「飛鳥京跡苑池」は、奈良県高市郡明日香村大字岡にある飛鳥時代(7世紀)の庭園遺跡です。
1916(大正5)年に発見された二つの石造物の出土地を1999年(平成11年)に発掘調査し、広大な苑池がの存在が明らかになっています。謎多い飛鳥時代、その庭園の姿について紹介します。

「飛鳥京跡苑池」について

スポンサーリンク

     

概 要

「飛鳥京跡苑池」(次のマップ上の「苑池」)は、飛鳥京跡内郭と呼ばれる宮殿遺構の北西に隣接する位置にあります。

苑池は、主に斉明天皇の後飛鳥岡本宮(656年~ )から天武天皇、持統天皇の飛鳥浄御原宮(672年~ )の時期に、天皇が儀式や饗宴(きょうえん)のために使用したと考えられています。

『日本書紀』(にほんしょき)に「天武天皇が行幸(ぎょうこう)した」と記された「白錦後苑(しらにしきのみその)」の可能性が高いと考えられています。

2003年(平成15年)に国の史跡及び名勝に指定されています。

   

画像は、飛鳥資料館にあるジオラマです。

「飛鳥京跡苑池」は南北2つの池で構成され、南池の南東には苑池全体を見渡すことができる掘立柱建物があり、儀式や饗宴に使用されたとみられます。

ここで、この庭園を演出していた石造物が発掘されており、当時の庭園の姿が偲ばれます。

スポンサーリンク

     

飛鳥京跡苑池から出土した石造物

飛鳥京跡苑池の休憩所に置かれる石造物のジオラマです。

このような石造物が飛鳥時代に造られ、苑池が飾られていたということに素晴らしさを感じます。
いつの日かここに当時の苑池の姿が再現されないものかと思ってしまいます。現在見ても美しいのではないかと思いを馳せてしまいます。

     

苑池のレイアウト

飛鳥京跡苑池に掲示の説明パネルより

苑池は、南池と北池の二つに分かれています。
南池と北池の間には、盛土で構築された渡堤(わたりづつみ)があります。

北池の北側には水路があり、水路の北端は飛鳥川の流れる西側へ折れ曲がっていることから、池にたまった水を飛鳥川に排水していたと考えられています。

南池から水路までを含めると、苑池の範囲は南北約200mに及んでいるようです。

南北二つの池と渡堤、水路は、いずれも石積みによる護岸(ごがん)があり、南池と北池の池底には全体に敷石が認められたようで、飛鳥京跡の宮殿遺構などと同様、その多くの部分が石によって構築されていたようです。

     

大陸の影響を受けながらも日本独自設計の庭園

苑池の南と東は掘立柱塀で区画され、南池の東では門とみられる掘立柱建物が確認されています。
7世紀の中国大陸では、唐の長安城などにおいて様々な規模の苑池が築かれていました。
朝鮮半島では、百済において方形の池を中心とする苑池が6世紀前半から7世紀にかけてつくられ、新羅においては曲線形の池を中心とする苑池が7世紀後半につくられています。

飛鳥時代の苑池は、方形のものが多く、朝鮮半島の百済の影響との見解がありますが、7世紀中頃につくられたとみられる「飛鳥京跡苑池」は、五角形と長方形の2つの池で構成され、曲線状の中島、石積み、石造物の設置、地形を活かした立体的構造などは、東アジアの中でもほかに例がない独自の特徴といえることから、百済の影響を受けつつも日本独自の設計によってつくられたと考えられます。


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?

楽天カード
楽天市場での買い物でポイントUP!


飛鳥京跡苑池の画像ギャラリー

現在の飛鳥京跡苑池は、発掘が続けれてれている状況です。当時存在していたエリアが残っている状況でもあり、将来的には、当時の風景が再現されることがあればと願うものです。
画像ギャラリーでは、レプリカや発掘された石造物も含めて紹介しています。

 画像を「クリック」すると大きく見られます。
 スマホでは、タップで拡大後、「スワイプ操作」で次の写真が見られます。

撮影:2022年(令和4年)

Photos by Catharsis  無断転載禁止 ©Catharsis 2021-2023


スポンサーリンク

     

石造物の解説

流水施設

画像は、橿原考古学研究所附属博物館に展示の流水施設の石造物です。
南池に立てられていたもので、1916年(大正5年)に出土した別の石造物(出水酒船石)と直線で並べられ水を流す仕組みになっていたことが分かっています。
石材を末広がりに成形し、頭部には横方向の孔が貫通しています。孔の径は9cmで、頭部の前後で3cmの高低差がつけられ、前下がりになっています。

     

出水酒船石(でみずのさかふねいし)

酒船石というと別の 酒船石(岡の酒船石) をイメージしますが、実は、もう一つあり、「出水酒船石」といわれるものが存在します。
飛鳥京跡苑池で、流水施設と組み合わせて使われていたことが分かっています。
実物は、1916年(大正5年)に出水字ケチンダ(飛鳥京跡苑池あたりの呼称)で掘り出された後、京都の庭園に運ばれ、庭石として使われています。

写真は、レプリカで、飛鳥資料館の庭に、再現されているものです。

     

積槽(せきそう)

画像は、橿原考古学研究所附属博物館に展示の積槽です。
扁平な石材の内部を深さ41㎝にくり抜いています。
内側は平滑に成形され、周縁、平坦面、底面は、ほぼ水平です。底面の隅には径4cmの水抜き孔が開けられています。
流水施設とは、別系統で水を送って溜めたものと考えられます。

いずれも、このような石造物が、飛鳥時代に造られ、庭園に配置されていた

ということに驚きを感じます。


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?

     

飛鳥京跡苑池へのアクセス

アクセス

所在地:高市郡明日香村岡

最寄駅:
近鉄 橿原神宮前駅、近鉄 飛鳥駅

近鉄 橿原神宮前駅(東口)から

バス(奈良交通):
 飛鳥駅行き
 「岡天理教前」下車
  徒歩 約5分

※バスの運行本数が少ないのでご注意ください。

レンタサイクル:
 飛鳥の周遊におすすめです。

近鉄 飛鳥駅から

バス(奈良交通):
 橿原神宮駅東口行
 「岡天理教前」下車
  徒歩 約5分

※バスの運行本数が少ないのでご注意ください。

レンタサイクル:
 飛鳥の周遊におすすめです。

駐車場:
駐車場はありません。
かなり狭い道なので車で近くまで行くのも避けた方がいい感じです。
※ 自動車の場合、万葉文化館(駐車場有)とあわせて、訪れるのがおすすめです。

レンタサイクル:おすすめです
 飛鳥の地を巡るのには、結構お勧めです。
 近鉄 橿原神宮前駅/飛鳥駅周辺にレンタサイクルがあります。
 また、車の際は、駐車場のあるレンタサイクル店もあります。

     

近隣の見どころ

明日香村を周遊で一日過ごすのがいいと思います。飛鳥寺(蘇我入鹿の首塚)、酒船石遺跡、岡寺、石舞台、謎の石巡り(亀石など)、自転車(レンタサイクルあります)での周遊がお勧めです。

飛鳥寺(飛鳥大仏)~ 見どころ・日本最古の本格的寺院 ~|画像たっぷり 奈良
飛鳥寺は、蘇我馬子が発願、聖徳太子と共に日本初の本格的寺院として完成したお寺です。飛鳥の大仏さんとしても知られます。ここでは、飛鳥寺の歴史をわかりやすく紹介。また、お寺の周辺は、飛鳥時代を感じる史跡や風景が広がり、歴史に思いを馳せながらの散策が楽しいところです。
史跡 川原寺跡 ~ 川原寺・弘福寺 飛鳥時代の大寺に思いを馳せる~|画像たっぷり 奈良
飛鳥時代の中心地に位置する川原寺(かわらでら)。飛鳥三大寺、四大寺といわれながらも、歴史の舞台から姿を消していく・・そんな不思議なお寺ですが、現在は、金堂跡に弘福寺が建ち、創建時の伽藍が偲ばれる史跡として飛鳥時代に思いを馳せる場所の一つです。川原寺について少し深堀して紹介します。
甘樫丘(あまかしのおか)~ 飛鳥京の中心地に位置し、蘇我蝦夷・入鹿の邸宅があった地 ~|画像たっぷり 奈良
甘樫丘は、飛鳥の中心にある標高148mの緩やかな丘です。飛鳥時代の飛鳥京の中心地にあり、645年の「乙巳の変」時には、ここに蘇我蝦夷、蘇我入鹿の邸宅があったようです。頂上の甘樫丘展望台からは、飛鳥の里が一望でき、近くには飛鳥寺、また大和三山といわれる畝傍山、耳成山、天香具山も眺められます。
岡寺(龍蓋寺)~ 厄除けと美しい境内が魅力の飛鳥のお寺 ~|画像たっぷり 奈良
岡寺(龍蓋寺)は、西国三十三所観音霊場の第七番札所として信仰を集め、日本最初の「やくよけ霊場」としても知られます。日本最大の塑像のご本尊は是非拝観したいところです。また、春の石楠花やゴールデンウイークに行われる華の池、秋の紅葉の季節は、特にお勧めです。
橘 寺 ~ 飛鳥(明日香村)に佇む聖徳太子ゆかりの寺 ~|画像たっぷり 奈良
橘寺(たちばなでら)は、明日香村(飛鳥宮跡の近く)にあり、聖徳太子建立七大寺の一つに数えられ、聖徳太子生誕の地ともいわれますが、創建については、よく分かっていません。飛鳥の謎の石造物の一つである「二面石」も橘寺にあります。ここでは、橘寺の歴史や見どころを画像たっぷりに紹介します。
酒船石遺跡(さかふねいし) 飛鳥の謎多き石たち|画像たっぷり 奈良
奈良飛鳥の地は、「石の都」とも言われ、6世紀末から7世紀ころに多くの石造物が造られた「謎の石造物」が点在しています。飛鳥寺から、ほどない場所にある酒船石遺跡では、酒船石と亀形石造物を見ることができます。
飛鳥池工房遺跡 ~ 日本最古の銅銭「富本銭」が製造された場所 ~|画像たっぷり 奈良
「飛鳥池工房遺跡」は、奈良県高市郡明日香村にある奈良県立万葉博物館にあります。古代の宮殿や寺院でなどで使われた様々な製品が製造された現場と職人たちの痕跡を約1300年の時を経て感じられる場所です。富本銭が造られた場所でもあります。画像たっぷりに紹介しています。

スポンサーリンク

全国のレンタカー最安値を比較!

     

タイトルとURLをコピーしました