スポンサーリンク

天平の伽藍に開花する「蓮の花」~ 唐招提寺 ~|奈良・西ノ京ロータスロード

奈良市周辺(奈良県北部)

唐招提寺では、鑑真大和上が将来したと伝えられる「唐招提寺蓮」をはじめ、数多くの種類の蓮が育てられ、華麗な姿で天平期を偲ばせる伽藍の境内を彩ります。蓮の花の時期は、「奈良・西ノ京 ロータスロード」として、「唐招提寺」「薬師寺」「喜光寺」「西大寺」の四ヶ寺の境内に蓮の花が並べられ、心が一層浄められる景観となります。

スポンサーリンク

唐招提寺の概要

スポンサーリンク

     

天平時代の創建時の姿を伺い知れる寂のある伽藍が魅力

  • 758年に鑑真和上が、「大和上」の称号と、新田部(にたべ)親王の旧宅地(現在の奈良市五条町)を賜り、759年に私寺として戒律の専修道場を創設。(このときの名称は、「唐律招提」であった)
  • 当初は、新田部親王の旧宅を改造したものでしたが、朝廷や鑑真和上を支持する人々から居室や宿舎を贈られ、倉庫、食堂、講義用の講堂、本尊を安置する仮金堂などが建てられていく。
  • 鑑真和上の没後も金堂や東塔が建立され、8世紀後半の平安時代初頭に伽藍全体が完成したといわれ、そのころに「唐律招提」から「唐招提寺」となる
  • 現在、境内には金堂、講堂、宝蔵・経蔵の二棟の校倉、鼓楼などの伽藍が立ち並んでおり、天平の創建時の姿を伺い知ることができる。

     

スポンサーリンク

     

天平時代の伽藍を飾る蓮の花 ギャラリー

画像を「クリック」すると大きく見られます。
スマホでは、タップで拡大後、「スワイプ操作」で次の写真が見られます。

撮影:令和3年7月

Photos by Catharsis  無断転載禁止 ©Catharsis 2021-2023


スポンサーリンク

PR

お花を選ぶ楽しみをネットでも!
お花屋さんと変わらないボリューム

     

画像の解説

蓮の花が見られるのは、6月下旬頃から8月上旬頃です。
(年によって前後することがありますのでご注意ください。)

金堂横ほか、数か所で見ることができました。背丈が大きな蓮が見られたのが印象的でした。
天平時代の趣のある落ち着きのある伽藍と蓮の花には風情を感じ、心が浄めらるようです。

「はす池」に地下植えの蓮には、花が少ししか見られない状態でした。(つぼみもあまり見られませんでした。)

令和3年は、1本の茎に二つの花を咲かせる「双頭蓮(そうとうれん)」と呼ばれるハスの花が開花しましたが、時すでに遅しでした。
5年前に確認されて以来だそうで、「見ると吉兆、いいことがおこると伝わる珍しい花」ということです。

今回の撮影では、蓮の花は少なめでしたが、境内の伽藍や景観は素晴らしく、蓮の季節以外でもおすすめのお寺です。

唐招提寺の詳細と伽藍の画像はこちらの記事をご覧ください

  

スポンサーリンク

     

唐招提寺へのアクセス

アクセス

所在地:
 奈良市五条町13-46

最寄駅:
 近鉄 西ノ京駅
 JR奈良駅、近鉄 奈良駅

近鉄 西ノ京駅 から

徒歩:
 約10分
 

JR 奈良駅/近鉄 奈良駅 から

バス(奈良交通):
 奈良県総合医療センター行
 「唐招提寺」下車 すぐ

駐車場:
 有(有料:150台)
  ・普通車:550円/1時間
   以降30分ごとに 110円

※ 西ノ京付近の社寺・史跡を巡るのには、
  自転車(レンタサイクル)がお勧めです。
(西ノ京駅 付近で借りることもできます。)

基本情報

拝観時間:
   8:30~17:00
   (受付は、16:30まで)

拝観料:
   大人 1,000円

(公開期間のみ別料金で拝観可)
 ・国宝 鑑真和上坐像 特別公開 500円
 ・新宝蔵 200円

※ 塔掲載内容から、変更になっている場合がありますので、ご了承ください。

唐招提寺の公式サイトはこちら

     

スポンサーリンク

     

近隣の見どころ(蓮の花編)

蓮の時期(令和3年は、6月11日~8月15日)は、「奈良・西ノ京 ロータスロード 蓮と歴史を楽しむ旅」として、「唐招提寺」のほか「薬師寺」「喜光寺」「西大寺」を巡る「四ヶ寺共通拝観券」が販売されています。各寺で購入することができます。(限定:2,000枚、大人2,700円)
「四ヶ寺共通拝観券」を購入すると、ロータスロード特別御朱印(別料金)を書いてもらうこともできるようです。

   

奈良公園近隣の宿泊施設

奈良公園周辺のホテル・宿をお探しなら こちら

     

     


スポンサーリンク

WEB限定 ストレッチ ワーママスーツ
↓↓ 楽天で見る ↓↓
季節特集!


     

タイトルとURLをコピーしました