ネット販売で 「カニ 三昧」、大満足の選択肢!・・たっぷり5kg

生活・雑記
スポンサーリンク

年末年始に家庭で「カニ三昧」をしたいと思い、ネット販売でズワイを5kg購入したレポートです。
かつて、安かろう悪かろうで失敗してしまった経験があるので吟味、成功を祈った結果は「グー」!

ステイホーム「イエナカ」でカニ三昧を楽しむ

コロナ禍で、ステイホームの時間が多くなっています。そんな中で、一点豪華というほどでもありませんが、年末年始くらい十分な量のカニを食べたいと思い、5kgカニを購入してみました。
20,000円程度を目安に、訴求店や評価を参考にいくつかの候補を選び(別投稿で紹介)、その中から、一つを選択。
海なし県に住むので、カニが食べたいときは、ネット通販に頼ります。
「おいしいカニをリーゾナブルな価格で」をコンセプトに探した記録です。カニで至福の時を求めて!

選んだポイント

妥当な価格帯:5kgで20,000円程度

5kgは、これだけあれば、十分なカニ三昧ができるであろうと考えた量。

3kgでもよいかとも思ったが、今回は、外食もお出かけも控えた年なので、家でガッツリと行こうと思い、5kgを選択。とは言え、予算もあるので20,000円程度で探したい。
2021年秋の時点では、昨年より値上がりしているように見受けますので、25,000円くらいまで覚悟しないといけないかもしれません。

どうしても訳アリの中からの選択になるのは、やむを得ない。

ボイル:保管が楽そうなので

メインは正月用なので、保管がしやすそうなボイルを選択。
(本来、活(生)にしたいところですが、5kgとなると冷凍のスペースも確保できないという家庭事情もあり)

カニのサイズ:4L以上が担保されるようにしたい

4Lサイズ以上を担保したかったので、一肩当たり、330g程度以上あるものを選択基準にした。
大体15肩くらいのもの。(20肩くらいになると、一肩当たり250gと小ぶりなカニになってしまうので避けるようにする。)

過去、小さいカニが届いて残念な思いをした経験から、サイズは重視するのが失敗しない方法と痛感。

何Lという表現も、店の表現で少なからず、異なるように思うので、一肩何グラム程度かを確認するのがいいと思います。300gを下回るものは、極力避けた方がいいと思います。

購入者評価:特にネガティブな内容に着目

売っている店や現物を確認できない通販なので、購入者評価に頼るしかありません。
知り合いで、購入して良かったという声があれば、もっと安心できるのでしょうけど、必ずしもそんな方がいるとも限りません。

また、昨年購入して良かった店でも、クオリティーが落ちているとうケースもあるので、コメントの投稿日にも注意が必要です。

特に悪い評価がないか、悪いと言っている内容をよく見て判断するのがいいと思います。良い評価は、もちろん見ますが・・・。

そんなこんなで届いたカニ

こんな感じで届きました。(わくわく!)

開封したときに、ぎっしり、ずらりと並んだカニ。かなり好感触でした。

取り出してみると、結構大きいと感じるサイズ(いいぞ!)

16肩あり、単純計算で、一肩当たり、312.5g
(4Lとしては少々小ぶりなのかもしれないが、満足感の得られるサイズでした。)

保管は、アイスボックスでベランダに置いて保管(毎日保冷剤を入れ替えることで十分に保管できました)。
冷凍庫に入りきらないため、この方法をはじめから想定(冷凍庫が空いていれば、活(生)を選択したいところです・・)

足がもげているものがあったので、さっそく試食してみることに。

足もげのカニは、これくらいでした。
コチコチに近い状態で、アイスボックスに入れるために分離するときに、もげてしまったものもあります。

↓↓↓ 購入したカニです ↓↓↓

食べてみた感想

説明書が入っており、冷蔵庫で1~2日掛けて解凍してから食べるのがいいとの記載。
早く食べたいときは、蒸して食べるのがいいという説明があり、この方法を採択。
(その後も、すべてこの方法にしました。熱することで殺菌効果も期待できると考えました。)

身入りもまあまあ良しのレベル。サイズ感が担保できたので、身入りがフルでなくても、期待した水準の満足度が得られました。(そもそも、パンパンの実入りのカニに出会える方が稀かもしれない。)

届いてから5日間掛けて食べましたが、届いてすぐに食べたカニの方が身入りの良さを感じることができたような気がします。5日目には、気のせいかみずみずしさが少し失われていたような感もありましたが、満足感は得られました。

カニ三昧の方法として、1日で食べきるガッツリという方法(16肩は無理かも)もあれば、数日間かけて、毎日カニが食べられるという満足感を得るという方法もあると思います。

今回のカニは、一肩でも「カニを食べたぞ!」という満足感が得られるくらいのサイズ(量)であり、7、8肩食べても、まだこんなに残っている(また、明日も食べられる)という喜びも持続して得られました。
5kgの購入は正解でした。

久々に、カニで満足できました。

ひとこと

カニなんて、そうそう日常的に食べられるものでもないので(食べられる人は、幸せ)、それなりの期待感を持って購入するのではないでしょうか。

そこに、いざ、購入したものが期待外れのものであった時は、その反動でがっかりさが倍増し、大切な時間とお金を奪われたむなしさみたいなものが残ります。

昨年、一昨年は、そんな感じでした。特に、訳ありの通販を選ぶ際は、そんな覚悟もしないといけないのかもしれません(本来あって欲しくはないのですが・・)

今回は、少し時間をかけて選んでみました。選んだいくつかのお店のものは、どれも良かったのではないかと思います。
実際に購入したのは、その中の一つだけですが、それについては、すごく良かったと思います。
蟹食を通じて、至福のいい時間を過ごすことができました。

しばらくは、外食もはばかられることにもなるかもしれません。寒い日が続きますが、この季節、この時期だからこそのカニ三昧でステイホームを楽しむのは、「あり」だと感じます。
というか、お勧めです!

「訳アリ」を選択してみようとお考えの際の選択肢のご参考です。こちらもご覧ください。

また、「訳アリ」で、失敗が多いと感じる方は、「訳なし」を選択してみるのもいいのではないでしょうか。

きっと至福の時が得られることでしょう。


訳なしの選択肢はこちら

タイトルとURLをコピーしました