「できたらいいな 英会話!」おすすめの一択 ! ~ 続かない・挫折しがちと思う方へ ~

お役立ちグッズ・サービス
スポンサーリンク

英会話は、できたらいいな と思いながら、なかなか習得できないとあきらめてしまう方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、あれこれ悩まずにまずやってみる・・そんな「一択」をズバリと紹介します。

はじめに

相当な意思を持った人であれば、ネットを活用したり、テキスト購入したり、などで・・などといったことで習得できるかもしれませんが、難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。

何事にもコツみたいなものがあって、そのやり方次第で上手く行く確率は増えるものです。
英会話習得を、「挫折してしまったが、何かいい方法があれば・・」、あるいは、「今よりももっといい方法があれば・・」、と、少しでもお考え方の転機になれば幸いです。

いくつも方法があると思いますが、ここでは、これぞ!という「一択」を紹介します。

私も、何度が挫折しながら、自分なりに、こんな事だろうと思ってきたことを整理しながら、やはり、これだろうと思える「一択」紹介します。

前半は、この整理ですが、この一択の理由として一読いただければ幸いです。
ただ、考え方は、いろいろありますが、これも一つのアプローチということで参考にしていただければ幸いです。


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?



結構重要なのが気持ちの整理

はじめに、気持ちの整理からですが、これが結構重要だったりします。

なぜ、英会話ができるようになりたいの?

まずは、ここからです。
英会話ができると楽しいです。コミュニケーションの幅もグローバルに広がります。現在のようなネット社会では、英語での人的交流を広げることができます。
でも、理由は、人それぞれですので、自分自身が、英会話が出るようになりたいと感じるのはなぜなのか・・・すこし考えてみてください。

今は、少し考えるだけで十分です。

後ほど、少し説明したいと思います。

「今まで、挫折をしてしまったのは・・なぜ」でしょうか?

次に、挫折した(継続できていない)経験のある方は、これを整理してみましょう。
これをまず認識することで、今までとは違う可能性を見出して行くことにつながります

せっかく英会話学習を始めようと思ったのに、なぜ、継続できなかったのか?
・・ちょっと振り返って見てください。思い当たることを箇条書きにしてみると、整理しやすいかもしれません。

なぜなんだろう?

なんか、大変なわりに、上達せず、ついついやめてしまったとは思うけど・・

いろいろと思われたことはあるでしょう。こんな例もあるようですので、参考までに

難しすぎる教材にチャレンジしていた

  • 簡単すぎると学習にならないと考え、難しいものにチャレンジしすぎていた。
    (学習意識が高く、まともな考えですが、これが原因かもしれません。)

自分が納得できる上達度になかなかならない

  • そもそも、どうなれば自分が習得できたと実感できるレベルになっているのか?
    (そのハードルが高すぎたり、漠然としていないでしょうか。)
  • 例えば、「日常会話ができるようになる」ってどういうことでしょうか?
  • 片言でも、いいのか、日本語を話すようなレベルでの日常会話なのでしょうか?
  • 結構、ハイレベルの日常会話をイメージしすぎていないでしょうか?
  • (いきなりではなく、その前の、また、その前の前のレベルからと思うほうが気楽になります。)

何をどれだけ学習すればいいのかも分からない

  • 前の項目と似ていますが、何をどれだけ勉強すれば自分が納得できる成果が得られるのかが分からない。学習と成果の因果関係が良く分からない。そんな状況で成果を実感できず学習意欲が低下してしまったのではないでしょうか。

他にも、あると思いますが、多くの要因は、

今の自分が、

・「何を(どんな学習を)、どれだけやればいいのか」が、
  分からない状態(適切ではない状態)でチャレンジしていた、

・そして成果も見えにくかった

ということだと思います。

教室に通うという方法ではなく、独学で学ぼうとする場合、適切な方法が見つけられないまま学習することが、挫折につながりやすいのだと思います。

実際、英語ができるようになっている人を見ると、意識的であったり、強制的(例えば英語圏への移住)であったり、とにかく英語を毎日やり(やらざるを得ず)、それを数年単位で継続した人ばかりにお見受けします。

いろいろ調べても、結局のところ上達の極意は、「毎日英語を使う」というような結論にたどりつくのではないでしょうか。

でも、

「そんなことは百も承知で、簡単に継続できないのが問題だ」

とお感じになられる方も多いかもしれません。

ということで、次に移ります。


スポンサーリンク


継続のコツはあるのか?

では、継続できるようになるようなコツ(極意)はあるのでしょうか?


「挫折してしまった理由」を思い浮かべ、それを乗り越える「継続のコツ」のようなものを整理してみます。

いろいろとあるとは思いますが、この2つに絞られるのではないかと思います。

  1. 心づくり(=心の持ち方)
  2. 環境づくり(=ネガティブ要因の取り去り方)

なんだと思わずに次を読んでください。
大切なのは、こんな当たり前の2つしかない!ということなのです。・・「コツを知り、コツを使う」ということが大切です。

では、それぞれ述べて行きます。

心づくり(=心の持ち方)

「心づくり」という点では、以下の3つを自分に打ち込んでおけば十分だと思います。
要は、英語ができるようになりたいと思う気持ちを持ち続けるだけでいいのです。
この気持ちを軸に置くことができれば、自然と会話を楽しむ習慣もついてくると思います。

英会話をしている自分を常にイメージし続ける

  • できるできないに関係なく、自分はしゃべれるとポジティブに考える
  • 外国の方は、日本の単語を一つ二つ知っていれば、「日本語しゃべれます!」という人が多かったりします。そんな気持ちが大切なのです。

英会話を勉強するという意識を捨てる

  • 単語と身振り手振りででも英語でもコミュニケーションを楽しむという意識で取り組む。
  • 極端な話、キュートな、あるいは、かっこいい 異性の外国人との会話を何とか成立させたい、楽しみたいみたいな感覚を基本スタンスにするといいです。

英会話を楽しむ時間を生活の一部と考える

  • 英会話を楽しむ時間を日々の生活の習慣(夕食の後は・・とか、お風呂から出だたら・・とか)に組み込む。それが、当たり前のことにしてしまうのです。「手洗い、うがい、英会話」みたいに。

「心づくり」についての補足

ここで大切なのは、学習するという気持ちで取り組むのではなく、「英語でコミュニケーションを楽しむ」という軸を外さないことですね。

気持ち面で、「会話の勉強」という概念を捨て去り、心に一線を引き切るというのが大切ですね。
(説明の中では、「学習」という言い方をする場合がありますが、ご容赦ください。)

この「心づくり」ができれば、毎日の食事のように自然に英会話を習慣にしていくことができるようになるでしょう。
まず、毎日、日本語を使うように、「少しでも英語に触れる」という当たり前の習慣をつくるということです。

はじめは、英会話ができるようになろうが、なるまいが、関係なく、ただ触れる・使う、という感覚で、当たり前の習慣にしていく、くらいに考えるのがいいと思います。

英語でのコミュニケーション活動を、それが単語を覚えることであっても、英語君とのコミュニケーション活動と捉えるということかもしれません。

「心づくり」のコツをつかめば、必然的に行動がついてくるようになると思います。
そこに、これから述べる「環境づくり」を併せ持つと、明るい未来が見えてくるに違いありません。

この二つが整えば、1年後、2年後には英会話が上達している自分になっているという「現実」が見えてくることになるでしょう。

ここで、この記事のはじめの方に書いた、

「なぜ、英会話ができるようになりたいの?」

ということを少し補足たいと思います。

この目的が、明確であればあるほど、学習をやめないというのも現実かもしれませんが、一方で、「明確な目的がある方ばかりでもない」というのも現実だと思います。

といっても、明確な目的というほどの

目的があるかというと?

しかし、目的が明確でないからと言って英会話をあきらめる必要なんて一切ありません。
英会話に関心を持った時点で「英語で海外の人と話せたらいいな!」といった気持ち(目的)が、すでにあるではないでしょうか。

その目的だけでも十分だと思います。

  • WebやSNSで、グローバルにおしゃべりができるようになるだけでも新しいつながりや楽しみが広ひろがるではありませんか。
  • コロナが落ち着いて、国際交流が再開したときに会話ができるようになっているなんてうれしいですよね。

そんなイメージを持つことが大切です。立派な目的だと思います。

環境づくり(=ネガティブ要因の取り去り方)

「心づくり」ができれば、次は、「環境づくり」です。
繰り返しになりますが、この二つが適切にできれば、鬼に金棒。未来は拓けたと言ってもいいかもしれません。
こちらも以下の3つのポイントをあげさせていただきます。

いつでもすぐに英語に触れられる状態を保つ(いつでもスタンバイ)

毎日、英語君(さん)に「出会えるようにしておく」ということです。すなはち、常に会話のためのツールが手元にあり、直ぐに利用できる状態にしておくことです。

  • ツールは、英会話のテキストであったり、リスニングの道具であったり、単語帳であったり、Youtubeのコンテンツであったりですが、それらのツールを、思い立った時にすぐに利用できる状態にしておくことです。
  • 人は、だれでも、少しでも面倒だと感じたら、先送りしてしまうものです。この先送りの気持ちを断つための準備(環境づくり)が必要なのです。
  • この時代、スマホやタブレットは、結構大きな武器となるでしょう。

学習(会話)の実施内容は記録する

もう一つ大切なのは、成果を記録するということです。英会話の上達は1か月や2か月という短い期間で出るものではありません。半年、1年でも難しい場合もあるかもしれません。

そこで、成果が実感できないと、ネガティブな気持ちが働きがちなものです。そう感じる方は多いのではないでしょうか。

  • しかしながら、この記録があると、どれくらい会話時間を積み上げてきたのかを認識することができます。この時間の蓄積こそが成果でもあります。「自分は、これだけやって来たんだ!」あるいは、「まだまだ、こんなもんか!」というように、事実を確認することができます。
  • 多くの時間を使っていることが分かれば、「自分は、これだけやって来たんだ!」といった 達成感につながったり、逆に、 「まだまだ、こんなもんか!もっと英語に触れないと!」といった自己激励で、気持ちをプラスに向かわせるツールとなるものです。

自分に合った手段を選ぶ

最後に、手段として何を選択するかということです。手段と言っていますが、具体的には学習ツールです。さすがに、これなくしては習得できませんし、単語や文法も覚えていく必要はあります。

では、何を使いますか?
・・NHKのテキストを買いますか? 英会話のフレーズ本とか、単語本とかを購入しますか? 英会話学習のソフトを買いますか? 英会話教室(オンライン含め)に通いますか?、Youtube動画で学習しますか?・・
いずれにせよ、適した手段を選択しなければならないのは、間違いありません。

  • はじめに、「挫折してしまった理由」のとことろでも触れましたが、「何を(どんな学習を)、どれだけやればいいのか」が、適切でない状態でチャレンジしていたことが、マイナスに働くことは多々あることだと思います。
  • 特に教室に通うというのではなく、独学で学ぼうとする場合、適切な手段が見つけられないまま学習することで、挫折につながることを避けなければなりません
  • 適切な手段につていは、後ほど補足します。

スポンサーリンク

ウール混レンチスリーブ 2022秋冬新作!
↓↓ 楽天で見る ↓↓
今がチャンス!


「環境づくり」についての補足

「環境づくり」については、

小さな子供が、親の海外赴任でアメリカに移住し3年くらい住んだ

とすれば、その子は英語が堪能になっているでしょう。
つまり、今の生活の中に自然に近い形で英語に触れる時間を

いかに創れるか(「環境づくり」ができるか)ということです。

一方、「環境づくり」ができていないと、せっかくできた「心づくり」までにも、マイナスに働いてしまうものです。

挫折してしまう要因にこの「環境づくり」が

大きく影響してくるのですね。



「環境づくり」を、しっかりと造り上げることで、「心づくり」がますます強靭になっていくものです。

時代の利を活用する「環境づくり」

  • ただ、「環境づくり」の中でも、一番選択肢が多くて、悩ましいのが「どんな手段を選べばいいのか?」ということだと思います。
  • ご自身で整理した、「挫折した理由」をなるべくつぶせるものを選ぶことで、面白い感じるものがあれば、それがいいと思います。継続できやすいからです。
  • ただ、基礎力(単語力や文法力)は、必要となりますので、何をどれだけというのは、本当に悩ましいところです。

どんな手段を選べばいいのでしょうか?

適切な手段が択べているのでしょか?

この学習手段はきちんと押さえたい所ですが、その手段(英会話を楽しむむための教材や道具)を適切に選ぶことの難しさもあります。挫折の繰り返しをしたくはありませんので・・。

もし、どの手段が適切なのかが分からない場合、それを悩んでいるだけでは先に進ません。

そこで、おすすめしたいのが、サービスの活用です。

現代は、ネットワークの活用の時代です。

この時代の利を使わない手はありません。
コロナ禍でますます進化・普及し、それに合わせて、

サービスも発展しています。

したがって、学習に必要なコンテンツは、そのサービスに任せるというのがいいと思います。

「心づくり」さえできていれば、

「環境づくり」の部分は手段も含めてサービスを通じて得ることができる

のです。

多少の費用は、掛かっても成果を考えると、このサービスを活用するのが近道とも言えます。
といいますか、利用しない手はないと感じます。
(客観的に観ても極端に費用が高いというわけでもないと感じるサービスもあります。)

スポンサーリンク

そして、 始めれば始まります

もちろん、どの手段を選択するかは自分次第です。

ただ、一方で、どうしたらいいかを悩んでしまい

始めなければ、始まりません。



ここからは、「環境づくり」の選択肢(優れものと言って間違いないもの)となるサービスについて紹介します。「心づくり」できてしまえば、あとは、始めるか、始めないかの問題だと思います。

これが、おすすめの「一択」!

そこで、なやんだらまず、お試しあれ!なサービスを紹介します。

スタディサプリEnglish 新日常英会話セットプラン

サービス提供は、「株式会社リクルート」さんによるものです。

このサービスが選択の価値ありと感じるポイント

なぜ、このサービスがお勧めなのか?・・・それは、私が思う「環境づくり」の部分が、ほとんど整ってしまうから内容だったからです。先ほど、気球の例を出しましたが、その気球がすぐに飛び立てるように準備されているようなものです。そのクオリティーも高いと感じます。

価値ありと感じるポイントは、以下の3つでが、中でも
「サブスク(使い放題)の会話レッスン」ができるのがうれしいです。

□ 様々なレベルの人に対応する作り込まれたコンテンツ

・レベル1(英検3級~準2級相当)~レベル4(英検準1級~1級相当)まで、すべてのレベルの教材が利用できる。

簡単であれば、レベルを上げ、難しければレベルを下げるということが自由にできる点がいいです。

・テキストを含め自学自習のためのコンテンツがすべて提供される(自分で探さなくて良い)
会話上達のためのノウハウが詰めこまれている
(発音チェックやディクテーション、シャドーイングなどと言われる効果が高い方法がコンテンツで提供されます。)
・学習履歴も保存されるので、どれだけ学習したかの記録もされ確認できる
・思い立った時にいつでも使えるように、スマホやPCですべてが使える

□ 24時間いつでもWebで腕試しができる

・Webにより、講師とのリアルな会話は、マンツーマンで24時間体制
 学習した会話内容を使った実践の場が得られるのは、大きな魅力です。
 英会話教室に通うというのもその一つですが、自分の生活時間に合わせて使える点も「環境づくり」だと感じます。

 実際の会話ができる機会が得られるのは「心づくり」にもプラスに働く内容ですね。

グループレッスンの良さもあるでしょうが、出しゃばって自分ばかりがしゃべろうとする方がいない点もいいです。

マンツーマンなので、しゃべるしかないという後押しがいいですね。

□ 利用料は定額(サブスク)なので、上限なく利用できる

・自分だけで上達するためのコンテンツも、講師との会話も定額で、使い放題という魅力。
・料金が、高額かと言えば、これくらいはと感じる価格。

なんといっても、「使い放題のサービス」は、会話するチャンスを気兼ねなく持てるのが、いいですね。

一人だと、プレッシャーを感じる方がいるかもしれませんが、初めだけです。

  

うまく話せなくても、料金面の気兼ねなく、またやり直せばいいのです。

その繰り返しにより、だんだん自信も出てきますよ。


 

サービスの概要

では、「ステディサプリEnglish(新日常英会話セットプラン)」(株式会社リクルート)の概要を紹介します。


※ 新日常会話コースの他にも、ビジネス向け他のコースも準備されてるようです。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話セットプラン

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース 英会話セットプラン

スタディサプリ(新日常英会話コースセットプラン)では、「自習コンテンツ」と「オンライン会話レッスン」がセットで提供されます。

自学自習では、レベルに応じた学習コンテンツが盛り込まれ、リスニング・スピーキングに効果的とされるディクテーションなど、本格トレーニング方法で、隙間時間でも、英語に接することができます。

そして、自学内容をすぐにオンライン英会話で実践することができます。

おすすめポイント

レベルは、4段階あり、すべての教材が利用できる!

先ほども書きましたが、
・レベル1(英検3級~準2級相当)
・レベル2(英検準2級~2級相当)
・レベル3(英検2級~準1級相当)
・レベル4(英検準1級~1級相当)
の教材が提供され、これがすべて自在に利用できます。
したがって、自分のレベルにあった教材を選択することができることは、もちろん、難しすぎれば、レベルを落とすことができるし、上達すれば、高いレベルの教材を使うことができるのです。

基礎講座では、英文法や英単語の学習ができる教材が利用できます。
ただ、ここは、覚えるために、

自学自習がしやすい教材

自学の効果的手法で構成され、時間が取りにくいときでも頻度高く活用できるようになっているのがいいです。動画も多数収録されており、様々な利用の仕方で英語に接することができます。

① 英会話理解クイズ
② 単語・イディオムチェック
③ ディクテーション(読み上げられる外国語を文字にする)
④ 会話文チェック
⑤ キーフレーズチェック
⑥ リード&ルックアップ
⑦ 瞬発発話プラクティス
⑧ 重要表現チェック

学習の中には、NHK英会話タイムトライアル講師(令和3年8月時点)のスティーブ・ソレイシィ氏による講義動画も多数収録されています。

この他、単語、文法を基礎講座を使って学習できますが、覚えるためには、単語カード(アプリも含め)を作るなどのプラス作業が、必要だと感じます。
ここは、ある意味暗記の部分なので、できれば、フラッシュカードなどが使えるようになっているとありがたいと感じますが、この基礎講座を元にした工夫で何とかなるレベルでもあるとも感じます。

スマホであれば手元にこれだけのコンテンツがスタンバイされることになり、いつでも直ぐに利用できる環境が整えられるというこには違いいありません。(これが重要な点です。)
しかも、 1回 3分程度の短時間でも利用できるものもあり 待ち時間などの隙間時間でも利用しやすいように作られています。

また、学習時間や学習回数、学習日数などの履歴もきちんと表示されるのも励みになります。

オンライン英会話が「すぐに」「何回でも」できる!

オンライン英会話は、自学自習をしたキーフレーズを使う会話の実践の場となります。(フリートークではありませんので、利用する際のハードルも低いと感じます。)

流れとしては
① 覚えたキーフレーズを使って例文の読み上げる
② キーフレーズを会話形式で使ってみる
③ 設定された状況に合わせ、キーフレーズを使ってみる
④ 自分で状況を設定し、キーフレーズを使ってみる
⑤ 改善すべき点のあるキーフレーズについて、講師からアドバイスを受ける
という流れで行えます。

何回でも使える「今すぐレッスン」

ポイントは、これが、定額で何回でも使える「今すぐレッスン」というサービス(サブスク)が設けられていることです。

だだ、計画的受講ができる「予約レッスン」の場合は、月4回までという制限がありますが、「今すぐレッスン」があるだけでもうれしいと感じます。

注)
※回数無請願は、今すぐレッスンのみ(予約レッスンは月4回まで)
※今すぐレッスンの講師は、レッスン時間が25分以内になる場合がある
※予約レッスンの予約は10分前まで
※サービスは、日本国内
限定
※講師は、スタディサプリ教材を担当する講師(ネイティブスピーカーや日本人講師ではない。)

※ネットワク環境・障害、急なアクセス増により、接続しにくくなる場合がある

今すぐレッスンの積極的な活用がおすすめ!

今すぐレッスンを始めるときは、レッスンできる講師の一覧が表示され、講師を選択するとすぐに始めることができます。何度でも使えますので、積極的に使うことで、学習の効果も上がりそうです。

講師が、ネイティブではないという点が気になる方がいるかもしれませんが、もちろん英会話が堪能が講師にいるレッスンですので、実践の場が得られるということが大切だと考えた方がいいでしょう。

また、ネットワーク環境や障害、急なアクセス増により、接続ができにくくなることがあるということは告知されていますが、これは、サービス提供告知しなければならない内容と捉えればいいでしょう。

講師のエントリーは、十分と感じるレベルだと感じます。


料金プラン

気になる料金プランですが、提供されるサービス内容を鑑みても、絶対額を鑑みても、リーゾナブルなものだと思ます。自分自身でこれだけの「環境づくり」をするのは、かなり大変でそれができずに挫折してしまうことにもなりかねません。

自学自習のサービスだけでも「環境づくり」が整えられてしまうと感じますが、それに加えて「実践の場」が得られるのは、大きな継続モチベーションにつながると感じます。「心づくり」にも、大きなプラス要因となるとい思います。

新日常英会話コース 英会話セットプラン

月額(税込)6,028円
6ヶ月パック(税込)32,868円
<一括払い>
※月額換算:

(税込)5,478円

※キャリア決済は月額でのご利用のみ
※英会話セットプランはApp Storeからの申込みはできない

6ヶ月パックであれば、月々5千円台で「環境づくり」ができてしまうことになりますね。
(価格は、令和4年4月時点のものです。)

キャンペーンが実施されることもあるようです。

↓↓ 公式ページは、こちらから ↓↓


「心づくり」ができたならば、まず試してみるだけでもお勧めするサービスと言えます。
まさに、ネットワークの進化がなせるわざで、コロナ禍により加速された産物かもしれません。せっかくのその武器を使わない手はありません

7日間の無料での体験が準備されています
手段(コンテンツ)の提供も含めていつでも、英語に接する環境がつくられ、しかもネットでリアルの会話もでき、それが定額というのは、理想的な形で「環境づくり」が実現できてしまうものだと感じます。無料の体験だけでも、試してみる価値は大あり!だと思います。

課金情報(クレジットカードなど)の登録まで必要となりますが、期間内に取り消せば課金はされません。画面に従って登録していけば割と簡単にできます。

それでも、自分に合わないと思えば、他を当たってみればいいだけの話です。

公式サイトへは、こちらから


スタディサプリEnglish 新日常英会話コース 英会話セットプラン

サービスの詳しい情報並びに、体験利用(7日間無料)については、こちらから。

新日常英会話セットプラン


スタディサプリEnglish ビジネス英語コース 英会話セットプラン

この他、ビジネス向けのプランとして、「ビジネス英語コース 英会話セットプラン」もありますので、ビジネスの英会話習得が必要な方は、こちらから。

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース 英会話セットプラン

まとめ

かなり、長くなってしまいましたが、最後に「まとめ」です。

  • 英会話の上達は、「心づくり」と適切な「環境づくり」ができれば、道筋ができる
  • 気球を上昇させるように「心づくり」と「環境づくり」の双方をうまく作用させると効果的で、「環境づくり」が適切にできると「心づくり」にもプラスに作用する
  • 一方で、「環境づくり」が適切でないと、挫折を繰り返してしまうことにつながりかねないので、「環境づくり」の方法が良く分からない場合は、優れたサービスがあるので、サービスを利用するのが近道

漠然とでも英会話ができたらいいなと感じ、それに向けて動こうとする気持ちがありう方であれば、過去に挫折した経験がある方も初めての挑戦の方でも、1年後、2年後の喜ばしい姿に向けての始まりのきっかけとなれば幸いです。


スポンサーリンク

部屋をアートするポスター!


最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました