奈良地酒インプレッション|春鹿 超辛口 純米酒|完成度の高い辛口

奈良地酒
スポンサーリンク

「春鹿 超辛口 純米酒」は、奈良町の一画にある蔵元、今西清兵衛商店さんが、日本酒で最初に「超辛口」を謳った元祖超辛口のお酒です。商標「春鹿」のラインアップは数多くありますが、 「春鹿 超辛口 純米酒」 は、通年販売の主力酒です。

「春鹿 超辛口 純米酒」の味わい

ここでは、 「春鹿 超辛口 純米酒」についての個人的感想(インプレッション)を述べさせていただきます。

概 要

今西清兵衛商店さんのお酒は、全般的に完成度が高い、大手酒造のお酒という印象です。
「春鹿」の商標も全国的に知名度は高いものと感じます。
この「春鹿 超辛口 純米酒」は、超辛口を謳う通り、甘味が見事にカットされたすっきしりた飲み心地のお酒です。

データ

35年以上前(令和3年時点)に、最初に「超辛口」を謳った+12の「元祖超辛口」のお酒です。

いい米をたっぷり使用し、しっかりと精米、酵母を思い切り働かせ極限まで辛口を作れないかという目標で生まれ、味・香りなどが進化し続けられている一本です。

諸元

精米歩合60 %
アルコール分15 度
日本酒度(+12)
原料米国産(五百万石)

参考価格(税込み)
※価格は、異なる場合がありますので目安としてください。

1800ml2,992円
720ml1,661円

(ご興味があれば)


個人的おすすめ度(5段階)

★★★★

辛口を求めるならコレ!

辛口のお酒の定番だと感じます。辛口のお酒の特徴をしっかりと体現したようなお酒です。
ただ、旨味を求める方には、少し物足りなさを感じるかもしれません(でも、それが超辛口ならではでもあります)。というところで個人的好みで星4つにさせていただきました。

味わいは・・

  • 辛口特有のさらっとしたお酒で、飲み心地がいい。うっすらとした酸味を感じます。
  • 辛口の造られている分旨味が抑えられている感じで、少し薄めのお酒と感じるかもしれません。
  • 音楽で言うと、低域がなく、中域も抑えられている印象です。
  • ただ、面白いのは、初めの口当たりからサラッとした感じでもない複雑さも感じる点です。
  • 香りは少なめで、後味はさらっとしています。お酒の味わいの形がつかみにくいかもしれませんが、ただ、それは、辛口のお酒に共通する特徴とも感じます。

補足

さらっとした超辛口を求める方への定番の一本です。
また、春鹿の超辛口には、季節限定で販売される「生」タイプもあります。生タイプの「超辛口 純米生原酒」は、「生原酒」ならではの旨味も感じます。
その他、更に辛口を極める「鬼斬」(春鹿 生もと純米 超辛口 原酒)というラインナップもあります。


■こちらで購入することができます


今西清兵衛商店さんのお酒

酒造で利き酒

今西清兵衛商店さんのお酒


スポンサーリンク

ヒオウギ貝 甘い 旨い

エイヒレ(えいひれ) メガ盛り


コメント

タイトルとURLをコピーしました