スポンサーリンク

奈良 平城宮跡「ツバメのねぐら入り」~ 圧巻!約6万羽のツバメが夏の古都の夕空に乱舞!~

奈良市周辺(奈良県北部)

平城宮跡歴史公園(以下、平城宮跡といいます)では、毎年 夏に「ツバメのねぐら入り」が観られます。奈良の夏の風物詩の一つです。
平城宮跡は、東西1.3km、南北1.0kmの広大なエリアで、その中には、約8.5ヘクタールほどのヨシやオギが群生する原野があり、全国有数の「ツバメのねぐら」の一つとなっています。
平城宮跡では、例年6月下旬頃から9月上旬頃までは、約1万羽を越えるツバメがねぐら入りします。
特に、7月末から8月上旬頃にピークを迎え、その数は約6万羽を越えることもあり、圧巻のツバメの乱舞を観ることができます。
復元された大極殿や大極門の上空を飛び交うツバメの大群には、ひと時心を奪われるものがあります。

この時期の奈良は、東大寺や春日大社の万灯籠や大文字送り火、燈花会、そして、ここ平城宮跡でも天平祭など、様々な行事が行われ、奈良を満喫できる時期でもあります。

スポンサーリンク

そもそも「ツバメのねぐら入り」って何?

ツバメは、「子育てを終えた親鳥」と「巣立ったひな鳥」は、巣を離れて水辺のヨシ原(ヨシとは、湿地で育つ植物のひとつ)などにねぐらとして、ヨシの茎の先端や葉にとまって夜を過ごすといいます。
集団となって過ごす習性があり、その規模は数百羽程度の小さなものから、数千羽、数万羽といいものもあります。
ツバメが、日暮れ時に、夜を過ごす「ねぐら」に向かう様子が「ツバメのねぐら入り」ということです。

是非、画像ギャラリーをご覧ください。

     

スポンサーリンク

     

平城宮跡「ツバメのねぐら入り」画像ギャラリー

撮影テクが不足し、分かりにくいかもしれません。拡大してみていただけると、一見のノイズのように写っている点々が、燕(ツバメ)です。是非、拡大してご覧ください。

 画像を「クリック」すると大きく見られます。
 スマホでは、タップで拡大後、「スワイプ操作」で次の写真が見られます。

撮影:2023年8月8日

       

Photos by Catharsis  無断転載禁止 ©Catharsis 2021-2024

     

「ツバメのねぐら入り」を動画で見る

静止画では、なかなか捉えるテクがなく、動画でも撮影してみましたので、こちらも合わせてご覧ください。

     


スポンサーリンク

PR

オリジナルのメールアドレス
ドメインが取得できる!

     

でも何故、こんなにたくさんのツバメが集まるの?

ツバメが集団ねぐらをつくる理由は、よくわかっていないようですが、

  • ツバメを狙うヘビやタカ、カラスなどから身を守るためという説
  • たくさんエサがとれる場所の情報交換をするためという説

があるようです。

ツバメは夏の時期を日本で過ごす渡り鳥で、春になると、フィリピンやベトナム、マレーシア、インドネシアなど東南アジアから、およそ2,000km~5,000kmの距離を海を越えて、はるばる日本へとやってきます。
そして、暖かくなるのともに、徐々に北上し、各地で子育てを行います。

     

よく見かける光景ですが、ツバメは、人家や納屋など、屋根があり人のいる場所に巣づくりをする習性があり、産卵、孵化から巣立ちまで、その巣で過ごします。

その後、子育てが終わり、ひなツバメが巣立ちの時を迎えると、「親ツバメ」と「ひなツバメ」は、巣を離れて集団となって過ごし、水辺のヨシ原などを「ねぐら」とします。

そこで、たくさんの餌を食べて秋の東南アジアへの渡りに備えているのです。

     

スポンサーリンク

     

平城宮跡で「ツバメのねぐら入り」を観るには・・・

平城宮跡で「ツバメのねぐら入り」が観られる時期・時間帯は・・

7月ごろから、繁殖や巣立ちを終えたツバメが群れで平城宮跡のヨシ原に飛来し、8月上旬頃にピークを迎えます。

ピーク時には、約6万羽のツバメが夜の間、羽を休めるために集まります。

そして、秋に近づくと東南アジアへと旅立ち、10月上旬には、ほぼ全てのツバメが渡ってしまいます。

   

従って、時期的には・・・

  • 6月下旬から、9月上旬(約1万羽以上のツバメが飛来)
  • お勧めは、7月下旬から8月上旬(この時期には、約6万羽のツバメが飛来)

        

時間帯は・・・

  • 陽が沈む頃で、沈んだ後に、空がまだ、少し明るい時間帯
  • 8月上旬であれば、午後7時ころ

明るいうちから、少し暗くなるまで、待つことが肝要です。

あきらめて帰らないように、しましょう!

     

スポンサーリンク

↓↓ 特別企画・季節特集 ↓↓

     

平城宮跡のどこで観られるの?

平城宮跡は、かなり広いエリアなので、慣れていないと、少し場所がわかりにくいかもしれません。
なので、以下に、おすすめスポットを紹介します。

※ 正面の入口となる朱雀門からのルートは、踏切が閉鎖されてしまうため、別の入口から出入りする必要がありますので、ご注意を。

     

スポンサーリンク

     

「ツバメのねぐら入り」の見どころ

ツバメのねぐら入りの見どころは、数多くのツバメが夕空をスピード感のある飛び方で乱舞する壮大さだと感じます。

「ねぐら」とする地の上空に、日没頃に、数千、数万羽ものツバメが舞い、「ねぐら」へといっせいに降りていきます。
あたりが薄暗くなるまでの15分程度の間ですが、大変見ごたえがあります。

このタイミングは、経験がないと、よく分からないところでもありますので、

夕陽が沈んでからしばらく、待ってみるのが見逃さないポイントです。

      

陽が沈みかけて頃に、「これが、ねぐら入りなの?」と疑問符が付くような数匹単位の鳥(あるいはツバメ以外かも?)が、観られますが、これは、本番ではありません。

     

陽が落ちたころに、どこから集まってきたのと思えるような数のツバメたちの乱舞が始まります。
スーッと流れるように飛んだり、木の葉が舞うように飛んだり、ねぐらのヨシに飛び込むように向かう姿も見ることができます。
約15分程度で、乱舞がスーッとおさまります。その後、ツバメたちは眠りにつくようです。

     

軒下などで子育てをしているツバメは、よく見かけますが、これとは違う壮大な舞です。
平城宮跡は、このようなツバメの姿を見ることができる地でもあります。
そして、大極殿とともに観られるのも風情を感じるものです。

     

スポンサーリンク

 

平城宮跡について

ツバメのねぐら入りだけでなく、平城宮跡は見どころ満載です。遥か、1300年昔の人々の息吹が感じられる歴史公園です。

平城宮跡については、こちらで詳しく紹介していますので是非、ご覧ください。

     

平城宮跡は、広い大空を眺めることもできるところも魅力です。

「平城宮跡の空」は、2023年(令和5年)12月に、奈良市観光協会が、投票によって選定した「新・南都八景」にも選ばれています。

     

平城宮跡へのアクセス

アクセス

所在地:
 奈良県奈良市二条大路南3丁目付近

最寄駅:
 近鉄 大和西大寺駅、近鉄 奈良駅、
 JR 奈良駅

近鉄 大和西大寺駅 から
 ・徒歩 約20分
 または、
 ・ぐるっとバス<大宮通ルート(青)>
  「朱雀門ひろば」下車 すぐ

近鉄 奈良駅 から
 ・バス(奈良交通)学園前行き
 「朱雀門ひろば前」下車 すぐ
 または、
 ・ぐるっとバス<大宮通ルート(青)>
  「朱雀門ひろば前」下車 すぐ

JR 奈良駅(西口)から
 ・バス(奈良交通)学園前行き
  「朱雀門ひろば前」下車 すぐ
 

 

基本情報

各施設とも入館は、無料です。

入館時間、休館日は、施設により、多少違いがありますので、上記の各施設の紹介の所に記載しています。

全般的に月曜日(祝日の場合は翌日)が休館のケースが多いです。

駐車場:
有料と無料の場所がありますが、無料の場所は、「つばめのねぐら入り」の時刻は、閉鎖されている場合がありますので、有料エリアのみ紹介します。

・県営奈良めぐり平城宮跡前自動車駐車場:
 有料(130台):200円/時間(500円/日)

※ 料金は変更になっている場合がありますので、ご了承ください。

    

スポンサーリンク

     

近隣の宿泊施設

奈良公園周辺のホテル・宿をお探しなら こちら

     

     

近隣の見どころ

平城宮跡は、1300年昔の平城京の宮が置かれた地で中心部にあたります。
左京の外れであった地が、現在の奈良公園、右京には、薬師寺、唐招提寺があります。

     

左京では

春日大社、興福寺、東大寺は、あまりに有名ですが、こちらも是非。

なら燈花会 ~夏の夜、約2万本の燈火が奈良公園の夜に灯る~|画像たっぷり奈良
なら燈花会は、奈良公園一帯で行われる夏の風物詩となったイベントです。毎年8月上旬に、奈良公園の10会場に、20,000本以上の燈火が灯され、古都の夜に幻想的な風景が広がります。画像たっぷりに紹介しています。

南都 大安寺 ~ 癌封じ祈祷の寺・実はすごい歴史と見どころを紹介 ~|画像たっぷり 奈良
大安寺は、現在は、「がん封じ祈祷の寺」として知られていますが、飛鳥時代に初の官寺(国営の寺)として創建された歴史を持ち、平城京では朱雀大路をはさみ、東(左京)に、大安寺、西(右京)には薬師寺が置かれ、平城京を代表する 南都七大寺の一つでした。弘法大師空海も別当を務らめれていたと言われてます。

興福寺 ~ 五重塔・阿修羅像他、見どころを穴場まで紹介~|画像たっぷり奈良
このページでは、興福寺の歴史や見どころを画像付きで紹介< 見逃しやすいポイントもばっちり!>。 興福寺は、近鉄奈良駅からすぐの所に位置し、宝物殿には有名な阿修羅像があります。猿沢池から望む五重の塔は、奈良を代表する景観です。

元興寺 ならまち(奈良町)の世界遺産|画像たっぷり 奈良
元興寺は、奈良町にある世界遺産のお寺です。奈良町にあるというよりも、日本最古の本格伽藍の飛鳥寺が平城遷都に伴って移設されたお寺で、かつては奈良町(ならまち)一帯が元興寺でした。飛鳥寺創建時に使われていた瓦が今もそのまま残っています。

右京では

薬師寺、唐招提寺の他、西大寺、秋篠寺、大仏殿を建てるにあたり、試作?した喜光寺なども。

世界遺産 薬師寺 ~「龍宮造り」の壮麗な姿が甦る ~|画像たっぷり奈良
薬師寺の見どころを分かりやす紹介!境内は、大きく「白鳳伽藍」と「玄奘三蔵院伽藍」の2つのエリアがあり、「龍宮造り」と称えられた伽藍が現代に甦っています。法話や写経も人気。夏には蓮の花が境内を彩ります。新・南都八景にも選ばれています。

世界遺産 唐招提寺 ~天平創世期の姿が偲ばれる伽藍~|画像たっぷり奈良
唐招提寺の見どころを分かりやすく紹介! 苦難の末、来日した唐の高層「鑑真大和上」が、戒律を学ぶ道場として開いたのが始まり。新・南都八景にも選定、美しい寂を感じる。金堂、講堂、宝蔵・経蔵の二棟の校倉、鼓楼などの国宝が並び、天平時代の創建当初の姿を伺い知ることができる。

秋篠寺(あきしのでら)|苔むす閑静な境内と優美な伎芸天 
秋篠寺には、諸技諸芸の祈願で有名な国内唯一の「伎芸天(ぎげいてん)」(重要文化財)が安置されています。また、本堂前に行くまでの境内は、木々に覆われ少し冷やりとした空気感と一面に広がる閑静な苔の景観で、心を浄化してくれそうな雰囲気です。

喜光寺・・大仏殿のミニチュア 蓮がきれいなお寺|いいところ 奈良
喜光寺は、行基菩薩が建てた、東大寺大仏殿の建立の参考したといわれる本堂があります。蓮が綺麗で有名です。250鉢を超える鉢植えの蓮があり、7月上旬から8月中旬頃までが見頃です。奈良の夏のいいところスポットに加えませんか?

     


スポンサーリンク

あったかい 防寒 美脚
↓↓ 楽天で見る ↓↓

     

タイトルとURLをコピーしました