圧巻の紅葉につつまれる 談山神社|画像たっぷり奈良

奈良県中部
スポンサーリンク

世界唯一の木造十三重塔が、優美にそびえる談山神社。奈良の紅葉の名所です。約3,000本と言われる色づく楓につつまれる社殿は見ごたえがあります。この時期に一度は訪れ、拝観したい場所です。
ここでは、紅葉の時期の談山神社の景観を画像たっぷりに紹介します。

談山神社の概要

スポンサーリンク

     

このページは、画像を見ていただくことを中心に構成しますので、ここでは、簡単にどんな神社なのかだけを紹介します。

  • 大化の改新の中心的役割を担った藤原鎌足公を祀った神社
  • 大化の改新の始まりとなる「乙巳の変(いっしのへん)=蘇我入鹿暗殺」を起こす、1ヶ月前に中大兄皇子と中臣鎌子(藤原鎌足)が、この神社の鎮座する裏山で密談した
  • 世界唯一の「木造 十三重塔」 
  • 本殿は、日光東照宮をつくるときに参考にされた

談山神社については、以下の記事で紹介していますので是非ご覧ください。

     


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?

お花を選ぶ楽しみをネットでも!
お花屋さんと変わらないボリューム

   

新緑の談山神社 ギャラリー

画像を「クリック」すると大きく見られます。
スマホでは、タップで拡大後、「スワイプ操作」で次の写真が見られます。

撮影:令和 3年 11月

Photos by Catharsis  無断転載禁止 ©Catharsis 2021-2022


スポンサーリンク

     

画像の解説

広い境内に重要文化財の社殿や塔が多くあり、どの社も造りに、趣があり、見ごたえがあり、撮影ポイントもたくさんあるのが、嬉しい点でもあります。
境内全体が、紅葉につつまれる季節は、どこを見ても紅葉という感じで、気持ちも高揚します。

令和3年の撮影ですが、11月末に近かったためか、落ち葉も多く、少しボリューム感に欠けるようなところもありましたが、全体的に十分に満喫できる状態でした。

談山神社の顔ともいえる十三重塔と紅葉は何とも素晴らしいです。

拝殿内から撮影したものです。
拝殿の朱塗りの間から垣間見える紅葉には、なんとも言えない美しさと情緒があります。

この像は、藤原鎌足公で、「神廟拝所(しんぴょうはいしょ) 」(旧・講堂)内に安置されています。

境内を出て、東大門に向かう多武峰街道です。
ほとんど紅葉は見られませんが、木々の中に残る苔むす石垣には趣があります。談山神社を訪れた際は、是非歩きたい道です。

東大門の付近では、大きな木の紅葉が見られ、閑静な東大門を彩っています。

各社殿の紹介は、こちらに詳しく掲載していますので、ご興味があれば、ご覧ください。


スポンサーリンク

ご興味 あませんか!?

UNITED ARROWS コート
↓↓ 楽天で見る ↓↓

     

談山神社へのアクセス

アクセス

所在地:
 桜井市多武峰319

最寄駅:
 JR 桜井駅/近鉄 桜井駅

 JR/近鉄 桜井駅(南口)から

バス(奈良交通):
 談山神社行き(桜井市コミュニティバス)
 「談山神社」下車
 入山口まで 徒歩 約5分

基本情報

拝観時間 :
 受付時間:8:30~16:30(最終受付)
 最終拝観:17時まで

拝観料:
 大人(中学生以上) 600円

駐車場:
 有(バス以外は、無料)
 ※ 入山口に近いのは、第5駐車場

このサイトに記載の情報や価格とは、変更されている場合がありますので、その際はご容赦ください。

詳細は、公式ページをご確認ください。

     

スポンサーリンク

     

談山神社関連記事

     

奈良のおすすめ紅葉スポットと情景

     

奈良で泊まるなら

奈良公園周辺のホテル・宿をお探しなら こちら

     

   

   

JR奈良駅、近鉄奈良駅最寄りのホテルや宿を一覧できるように紹介しています。

社寺参拝や史跡巡りには、奈良公園周辺で宿泊し、ここを拠点に奈良の魅力を満喫してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

オホーツクの海の幸を全国の食卓へ!

今がチャンス!


タイトルとURLをコピーしました