「なら泉勇斎」 ~ ならまちで奈良の地酒を飲み比べ(利き酒)なら ~

奈良の日本酒
スポンサーリンク

奈良の地酒の利き酒をするならココ! 
奈良町(ならまち)の一角にある「なら泉勇斎」さんは、奈良県内にある約30の酒造で造られる地酒から120種類以上 の地酒を試飲(有料)ができ、販売もされています。
お土産用や自分用に購入したい方、奈良のいろいろな地酒の味わいたい方に、おすすめです。

「なら泉勇斎」さんの概要

  • 奈良県内の各酒造が造る地酒から120種類以上の地酒を試飲(有料)ができます。
  • 試飲を楽しんで、気に入ったお酒があればその場で購入することもできます。(もちろん、試飲だけも可能です。)
  • 奈良の地酒を愛する気さくな大将が、好みのお酒をアドバイスしてくれます。
  • 利き酒は、5,6名のスペースでの 立飲みスタイル で、純粋に地酒の味を確かめる感じで、20分程度の滞在が基本のようです。
  • 試飲は、1グラス(50cc)、200円~ で、酒の銘柄によって価格が異なります。
  • 奈良のおいしい地酒を発見したり、お土産のチョイスにもいいかと思います。

スポンサーリンク

< お酒の おともに >

新鮮な地魚料理のセットを毎月お届け!

オホーツクの海の幸を全国の食卓へ!


「なら泉勇斎」さんの画像ギャラリー

 画像を「クリック」すると大きく見られます。
 スマホでは、タップで拡大後、「スワイプ操作」で次の写真が見られます。

撮影:2022年(令和4年)1月

Photos by Catharsis  無断転載禁止 ©Catharsis 2021-2022


スポンサーリンク


奈良の地酒の味わい(私的感想)

私も、日本酒は、奈良の地酒を中心に嗜んでいます。

スポンサーリンク

「菩提酛」新酒試飲会も開催

今年、醸成された菩提酛(ぼだいもと)が出来上がる時期に、醸造する8社の菩提酛の新酒試飲会がここで催されました。

開催日: 2022年(令和4年)3月30日(水) 17:00~
参加費: 1,000円

※ また、この機会を逃した場合でも、個別に「菩提酛」の利き酒をすることができます。

「なら泉勇斎」さんへのアクセス

アクセス

所在地:
  奈良県奈良市西寺林町22

最寄駅:
  近鉄 奈良駅 から、徒歩 約 8 分
  JR 奈良駅 から、徒歩 約 18 分
 

マップ:

(クリックで拡大)

餅飯殿(もりいどの)センター街を歩き、交差する道沿いすぐのところ

奈良町(ならまち)の蔵元での利き酒なら

ならまちにも酒造があり、「春鹿」の商標を持つ、今西清兵衛商店さんでも、「利き酒」が楽しめます。こちらは、蔵の雰囲気の中で、その時期ごとに設定される5種のお酒を楽しめます。

詳しくは、こちら


近隣の見どころ

「ならまち」の町並みは、多くの方が遊歩に訪れる場所です。「ならまち」のほとんどは、かつての「元興寺」の境内であったエリアで、ところどころにその名残も見られます。
奈良公園周辺では、「東大寺」「興福寺」「春日大社」の三社寺があまりに有名ですが、「元興寺」も世界遺産に登録されており、ならまちの遊歩と合わせて拝観するといいと思います。

詳しくは、こちら


スポンサーリンク

本場熊本から直送の新鮮な馬刺し!

高級ホテル・旅館の格安予約なら!


タイトルとURLをコピーしました