工事なしで、家庭のインターネットWiFi環境を整える方法

お役立ちグッズ・サービス
スポンサーリンク

家庭のネットワークの構築は面倒と考えたり、できないと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここではズバリ、工事なしで簡単にネットワーク環境を整えられる方法を紹介します。

存分にネットワークを活用する時代(生活様式)

コロナ禍での生活が長引く中で、家庭でのネットワーク利用が劇的に増えている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
Web会議を始め、余暇にビデオ配信でドラマや映画、ゲームを楽しむという機会も増えているのはないでしょうか。

存分にネットワークの活用することで、今までとは違うことが世の中の習慣になる。
そんな時代だと思います。

スマートフォンで大容量のプランを活用され、パソコンのネットワーク接続用としてもスマートフォンを活用するという方も少なくはないと思います。一方で、使用制限があったり、充電の面倒くささを感じられることはないでしょうか。

家庭用ネットワーク整備のメリット

お住まいに専用のネットワーク環境を整備すると

  • ネット動画をパケット量を気にせず存分に楽しめる
  • 複数人の家族が、パケット量を気にせず、それぞに存分にネットを使える
  • Web会議の使用する時間が増えても、スマホパケットの利用制限が不安がなくなる
  • スマホのテザリング(スマホ経由でネットワーク接続)利用時のバッテリー充電を気にする必要がなくなる
  • 様々なネットワーク機器をつないでいけるようになる

などなどのメリットがあります。

住まいのネットワーク整備をしていないのは?

しかしながら、いざ、家庭用のネットワークを整備を考えると

  • 工事が面倒と感じ躊躇してしまう
  • 築年が古い、あるいは、賃貸 なので工事はできないのではないかと思っている
  • スマホがあればなんとかなる

といった方々が、少なからずしゃるのではないでしょうか。

そんな方にお勧めな方法がコレ!

結論から言いますと、ホームルーター というものがあります。

携帯できるものと家に設置するタイプがありますが、ここでは、家族のWiFi、家のWiFiという観点から、家に設置するタイプを紹介します。以下の3つです。
(ただし、おひとりで利用される場合は、モバイルタイプも選択肢に入れてみるのがいいと思います。)

いずれも、契約手続き後、電源を入れるだけで、WiFi 接続が可能となります。

ただ、「いい点」と「注意すべき点」は、しっかりと認識しておく必要があります。

いい点

この方法のメリットは、

なんといっても工事が、不要な点です。とにかく手軽です。
本体を電源コンセントにつなぐというのが、工事?です(工事とは言えませんが・・)。

簡単ばかりか、工事費用も掛からないことと、インターネットに接続するために必要なプロバイダー契約も含まれているので、導入費用面でも抑えられます。

パケットの通信速度制限がないと言えるため、パケットの容量を気にせず、動画配信もガンガン見られます。(工事が必要な通信と同じです。)

通信速度制限について

以下のように説明されていますので、事実上利用制限なしと思っていいと思います。

ソフトバンクでは

特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。(明確な基準は不明です。)

UQ WiMAXでは

直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)となった場合、その日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)に、概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)に制限されます。

注意点

簡単というメリットはありますが、注意点として、工事が伴う光インターネットに比べ、スピードが劣る点は、事前に認識しておく必要があります。(光回線に比べると明らかに遅いのは事実です。)

ここで、思うようなスピードが出ないと、導入後に大変後悔することになりますので、十分注意してください。(光回線の工事ができるのであれば、そちらを選ぶ方をお勧めします。)

とはいっても、高精細のゲームを楽しみたいといったケースを除いては、設置する場所の基地局からの電波状況が極端に悪くない限り、十分に利用できるものと思います。

実際どの程度の速さが必要なのか?

では、ご家庭のWiFi として、どの程度の速さが必要なのかということのなりますが、一般的に、ストレスなく通信できる通信速度は 10Mbps~30Mbps 程度と言われています。
4Kのような高画質動画を視聴するときには 25Mbps は 欲しいところです。

通信速度には「上り(送信/アップロード)」と「下り(受信/ダウンロード)」があります。
Webサイトの閲覧や動画視聴をする上で欲しいのは「下り(受信/ダウンロード)」の通信速度です。
PCやスマホをインターネットにつないでいて「速い」とか「遅い」とか感じるのは「下り」の通信速度の速い遅いによりますので、実測された以下のデータ(参考)をご覧ください。

また、複数人で同時に使うのであれば(別々の動画を同じ時間帯に見るようなケース)、使う量がそれぞれに分配されますので、おのずとスピードは落ちることになりますので、それも考えておく必要があります。

それぞれの速さは?

【ソフトバンク】
SoftBank Air
  Airターミナル4 
【UQ WiMAX】  
WiMAX HOME 02
【UQ WiMAX】
Speed Wi-Fi HOME L02
スペック上の下りスピード
※エリアによる
下り最大 962Mbps下り最大 440Mbps下り最大 1.0Gbps
平均速度情報(直近3ヶ月)
時間帯別には以下の通り
35.35Mbps36.47Mbps50.87Mbps
63.62Mbps55.79Mbps70.63Mbps
51.43Mbps43.32Mbps65.62Mbps
夕方18.55Mbps27.86Mbps37.26Mbps
13.98Mbps16.67Mbps40.15Mbps
深夜46.44Mbps31.49Mbps58.33Mbps
(出所:令和3年1月15日時点 「みんなのネット回線速度」より)

ですが、これは様々なエリアの平均値です。

全体を見て言えることは

どれも、通常使う上で必要な速度は出ているとい思います。

通信キャリアの基地局の通信キャパシティーがあるので利用する人が多くなる「夕方」から「夜」の時間帯は、どうしても遅くなってっいますが、その時間帯で最も遅い「SoftBank Air」でも13.98Mbpsが出ていますので、動画視聴でも、高精細(4Kなど)でなければ、大丈夫そうです。

ただ、安定的に早いのは、UQ WiMAX の「Speed Wi-Fi HOME L02」ですね。

また、「SoftBank Air」につきましては、令和2年9月までは、夜の時間帯の速度が10Mbpsを下回るような状況でしたが、10月以降右肩上がりでスピードが改善しており、直近3か月では、13.98Mbpsですが、令和2年12月に限ると16Mbpsまで上昇しています。
以前は、夜の時間帯にスピードが遅いという不満の声が多く出ていたようですが、そこは、改善されてきていると考えられます。

設置する地域、場所によって速度が異なるので要確認です

ただ、注意が必要なのは、基地局からの距離や周囲の状況により、変化もします。上記の実績でも利用する地域や設置する場所によって、スピードに差が出ています。

大切なのは、自分の設置する地域、場所で、どの程度のスピードが出るのかであり、契約時に良く確認することをお勧めします。

利用料は

料金は、契約先への確認が必要ですが、目安として以下のよな感じです。
還元キャンペーンなどもありますので、実際のところは、お申し込み先への確認をしてください。

ソフトバンクの場合

  5,368円(税込)/月
  端末代金(36回払い)含む

  契約事務手数料 3,300円(税込)

※ 携帯電話がソフトバンクユーザーであれば、割引もあるようですので、これを選択されるというのはありでしょう。


UQ WiMAXの場合

  4,268円(税込)/月
  (「2年自動更新あり」の場合)
 +端末代金(無償提供されるケースが多い)

  契約事務手数料 3,300円(税込


  • 実質利用料が安くなるキャンペーンもありますので是非利用しましょう。
  • 途中解約や解約をする場合の解約金についても、それぞれ発生することがありますので、念のため申し込み先サイトで確認しておいた方がいいでしょう。

キャンペーン例

参考)ネットワークの活用(拡がる使い方)について

家庭のネットワークを整備すると、こんな使い方ができるようになります。
いろいろありますが、2つだけ例を挙げてみたいと思います。

大画面のテレビで、ネット動画(映画やドラマ)を楽しむ

今、使っているテレビに専用端末をつなげばネット配信を楽しむことができるようになります。

Fire TV Stick

いろいろ方法は、ありますが、ビデオデッキと同じようにテレビにこんな機器(Fire TV Stick)を接続するだけでサービスが受けられるようになります。(もちろんサービス料は別に掛かりますが、それほど気にする価格でもないようなレベルだと思います。)

Amazon アマゾン [おひとり様一台限り]Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 ストリーミングメディアプレーヤー B08C1LR9RC

おじちゃん、おばあちゃんと Web面会 する

コミュニケーション用の機器使うことができるようになります。(もちろん使用する場所には、すべてWiFi環境が必要となります。)
一度設定してしまえば、声で呼ぶだけで接続することもできるようになる端末もあります。
すごいですよね!

パソコンが苦手、面倒とか、スマートホンもTV会議でWeb面会するには、画面が小さすぎたり、アプリを操作するといったハードルがある場合に、手軽にWeb面会を実現できる機器もあります。

こんな生活様式も増やしていくことで、コロナ前よりも、もっと面会頻度を高めらるようになるのではないかとも思います。

10型の大画面

Amazon echo Show 10 第2世代

SIMに対応したタブレットも候補だと思いますが、置いて使うことを想定した、また、声で呼び出すこともできる機能も加味すると、機器が苦手な方でもコミュニケーションが図りやすい手段となるのではないかと思います。

ひとこと

今回、紹介したホームルーターの中で、どれがベストかは、単純なカタログスペックではなく、自分の設置する地域、場所で一番スピードが速い(「下り」のMbpsの数字が大きい)ものを選ぶというのがポイントだと思います。

家庭でのネットワーク構築方法についてや具体的な活用の方法については、他にも手段があると思いますが、ここでお伝えしたかったのは、

  • 工事を伴わなずに、使い放題のご家庭用ネットワーク整備がすぐに実現できる方法があること
  • ネットワークの活用によって、新しい生活様式を実現していける(もちろんすべてではありません)こと

です。

ネットワークの活用は、いい暮らしを発展させていくものだと思います。


最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました